川嶋紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川嶋 紀子(かわしま いとこ1907年 - 2002年12月10日)は、文仁親王妃紀子の祖母悠仁親王の曾祖母に当たる。

生涯[編集]

1907年、当時大阪府警察部長であった池上四郎と妻・浜の六女として大阪市で生まれた。1923年大阪府立清水谷高等女学校を卒業。1927年茨城県保安課長(当時)の川嶋孝彦と結婚。子供は、学習院大学名誉教授辰彦(次男)等。

秋篠宮文仁親王紀子(辰彦の長女)にあたるが、こちらは「きこ」と読む。川嶋家は和歌山県紀州)が本籍地であること、祖母に似ていたことから、祖母のような女性になってほしいという願いからつけられたなどといわれる。紀子妃自身も祖母思いであったことが知られている。

孫・紀子と文仁親王の成婚直前の1990年6月には、孫娘への愛情と皇室への畏敬あふれる見事な候文の手紙をしたためたことが知られる。

逸話[編集]

  • 敬虔なクリスチャンであった。
  • 達筆であったことから、鎌倉市長谷寺から依頼を受けて写経の指導をした。
  • 趣味の一つは、を題材にした風景画を描くこと。知人である矢野ヨハンのギャラリーに数千枚の絵を寄贈した。それらが元となり、1993年山梨県北杜市に「川嶋紀子雲の絵美術館」がオープンした。
  • 孫の紀子妃所有のには、彼女が描いた「檜扇菖蒲」(紀子妃のお印)があしらわれている。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 家庭画報2009年1月号