華頂宮博厚親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

華頂宮博厚親王(かちょうのみや ひろあつしんのう、明治8年(1875年1月18日 - 明治16年(1883年2月15日)は日本の皇族

華頂宮博経親王第一王子で伏見宮邦家親王の孫。母は伯爵南部利剛の長女郁子。

明治9年(1876年5月24日の父王博経親王の薨去を受けて華頂宮の家督を継承する。明治初年に皇族の範囲・賜姓皇族の方針を定めたが、それによると博厚親王は臣籍降下する事となっていたが、明治天皇の思召しによって皇族の身分を保ち、明治16年(1883年)2月15日に明治天皇猶子となり親王宣下を受けるが即日薨去する。僅か8歳であった。

親王は幼少であった為継嗣はなく、伏見宮家から博恭王が入り華頂宮を相続する。博恭王はその後本流である伏見宮を継承するはずであった邦芳王が病弱であった為伏見宮に復籍し家督を相続、華頂宮は博恭王の第二王子博忠王が継承する事となる。

なお、博厚親王は親王宣下によって親王身位を授けられた最も若い人物である。(親王宣下を受けた人物としては最後から二番目である)

外部リンク[編集]