中平幸典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中平 幸典(なかひら こうすけ、1939年 - 2009年9月23日)は、日本大蔵官僚財務官

人物[編集]

1957年東京都立日比谷高等学校を経て、東京大学法学部第2類(公法コース)卒業[1]1963年(昭和38年)、大蔵省入省(為替局総務課[2])。同期に、西村吉正(銀行局長)、小村武JT会長、大蔵事務次官)、日高壮平国税庁長官)、龍宝惟男オーミケンシ社長、内閣審議官)、川嶋烈茨城銀行頭取)、米沢潤一政策研究院大教授、日銀理事、関税局長)、石坂匡身理財局長環境次官損保協会副理事長)ら。

アジア開発銀行派遣職員を務め、海外経験は積んでいるものの、銀行局証券局が長く、主に国内派としてキャリアを積んでいった。財務官時代は、通貨交渉の相手であるローレンス・サマーズとはそりが合わなかった。自由化なったロシア市場経済へのテイクオフ策定に関わった一人である。

2005年6月には信金中央金庫理事長に就任し、2009年6月、健康上の理由から理事相談役に退く。同年9月23日東京都新宿区富久町にある自宅マンションの敷地内の植え込みに転落し、死亡した[3]

略歴[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『東大人名録,第1部』、1992年発行、48ページ
  2. ^ 『大蔵省名鑑』時評社、1990年、32頁
  3. ^ “信金中金の中平・理事相談役がマンションから転落死”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年9月24日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090924-OYT1T00353.htm 2009年9月24日閲覧。 [リンク切れ]
先代:
江沢雄一
大蔵省国際金融局長
1992年 - 1993年
次代:
加藤隆俊
先代:
千野忠男
財務官
1993年 - 1995年
次代:
加藤隆俊
先代:
吉野文六
国際経済研究所副理事長
1998年 - 2005年
次代:
森昭治