舟崎由之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

舟崎 由之(ふなざき よしゆき、1894年3月7日 - 1966年12月2日)は、新潟県出身の実業家政治家日本金属の創業者。三国鋼帯株式会社取締役、舟崎鋼業合資会社代表社員。

経歴[編集]

新潟県佐渡郡真野町(現在の佐渡市)大字金丸の素封家に生まれる。旧制佐渡中学校(現在の新潟県立佐渡高等学校)を経て、1917年早稲田大学理工学部機械科を卒業する。東京銅板技師、高砂鉄工所技師長、三船商事・日本特殊鋼材・日本航空機工業・日本ペニシリン製薬の各社長を歴任した。

1946年から2回、新潟1区から衆議院議員に当選(日本進歩党)。戦後、萩野由之東京帝国大学教授)の遺した蔵書を高額で買い取り、母校新潟県立佐渡高等学校に寄付した。舟崎文庫の名で保存されている。

早稲田大学商議員。

著書[編集]

  • 『磨帯鋼回想録』日本帯鉄株式会社、1956年。

親族[編集]