高橋千寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 千寿(たかはし ちず、1921年大正10年)8月8日 - 2019年令和元年)8月6日[要出典])は、日本政治家衆議院議員(1期)を務めた。

概要[編集]

新潟県出身。夫は衆議院議員防衛政務次官郵政政務次官、衆議院逓信委員長を歴任した高橋清一郎で、その死後に政治家となった。1972年の第33回衆議院議員総選挙新潟1区自由民主党から出馬し、初当選。1976年落選により政界を引退。1996年、勲三等瑞宝章受章[1]2019年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 「96秋の叙勲受章者 勳三等」『読売新聞』1996年11月3日朝刊

参考文献[編集]

関連項目[編集]