野坂康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
野坂康夫
のざか やすお
生年月日 1945年6月22日
出生地 鳥取県米子市
出身校 広島大学附属高校
東京大学経済学部中退
前職 国家公務員(外務省)
所属政党 無所属
親族 曽祖父・野坂吉五郎(米子町会議員)
曽祖父の兄・野坂茂三郎(衆議院議員)
祖母いとこ野坂寛治(米子市長)
祖父・野坂康久(米子市会議員)

Flag of Yonago, Tottori.svg 米子市長
当選回数 3回
在任期間 2005年4月24日 - 2017年4月23日

(旧)米子市長
当選回数 1回
在任期間 2003年4月30日 - 2005年3月30日
テンプレートを表示

野坂 康夫(のざか やすお、昭和20年(1945年6月22日 - )は、日本政治家、元外交官。元鳥取県米子市長。

鳥取県米子市出身。東京大学経済学部中退1969年外務省入省。在英国大使館公使、在バンクーバー総領事などを歴任。2003年旧米子市長選で初当選。2005年の新市長選で当選。2013年4月、3選を果たした[1]。祖父は洋食レストランおよびレコード、楽器店を営んでいた野坂康久(“十字屋”経営主)。祖母いとこには戦後、米子市長をつとめた野坂寛治がいる[2]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

父・野坂陞三、母・千年の間に生まれた[2]。1人っ子である[2]。祖父野坂康久は、米子市東倉吉町で「十字屋」を経営、父や母、おばがこれを手伝っていたが、野坂が幼いころは、市会議員もしていた[2]。「十字屋」は、洋食レストランで、レコード楽器も売っていた[2]。野坂が生まれてすぐは、父母は角盤町の祖父の家に同居したり錦町に間借りしていたらしいが5歳ぐらいのときに十字屋の後ろ部分を改築して住居としたので幼稚園(マリア園)の途中から中学までそこで暮らした[2]

学生時代[編集]

米子市立就将小学校米子市立第二中学校広島大学附属高校[3]東京大学経済学部入学[3]。アメリカンフットボール部に所属[3]。大学3年生の時、1年休学して48カ国をヒッチハイクなどしながら貧乏旅行をした[3]映画監督長谷川和彦は高校・大学の同級生。

外務省へ[編集]

1969年4月、外務省入省[4]。同期は20人だった[4]。同期には谷内正太郎重家俊範天木直人などがいる。最初の3ヶ月間は、外務省研修所などで研修を受けた[4]。1970年6月末、同期6人は、語学研修のためアメリカに渡った[4]。7月と8月は、6人一緒にハーバード大学のサマースクールに参加し、9月からはバラバラに分かれ、野坂は、アメリカ北東部のコネティカット州ミドルタウンにあるウエスレヤン大学に入学した[4]

日本では、大臣官房国内広報課長、国連局経済課長などをつとめた[3]文部省(現・文部科学省)に大臣官房審議官(学術国際局担当)として出向[3]。海外では、アメリカ、フィリピン、フランス、中国、イギリス(公使)およびカナダ(在バンクーバー総領事)の6カ国で勤務した[3]1998年9月外務省退官[3]

米子市長に立候補[編集]

1999年2期務めた森田隆朝市長の後継候補の予定であったが、森田市長が引退を撤回し3期目の立候補を表明したために一騎討ちの大激戦となり、僅差で落選。

鳥取県国際交流財団顧問、米子ユネスコ協会常任顧問、(社団法人)日中協会評議員、広島大学教育開発国際協力研究センター客員研究員、鳥取県インディアカ協会会長などを務める[3]

米子市長として[編集]

2003年に米子市長選挙に2度目の立候補をし初当選。2005年には淀江町との合併(新設合併)に伴う米子市長選挙に立候補し当選。

2009年4月、再選を果たした。

2013年4月、3選を果たした[1]

人物像[編集]

中学時代[編集]

米子市立第二中学校では、陸上競技部に入り、100メートル、200メートルなどの短距離が専門だった[5]。早熟で中学生としては大きいほうで、もともと走ることが好きだった上によく練習したので、2年以降100メートルでは、鳥取県内の大会で負けることはなかった[5]。3年の時には11秒9という記録が出て、県内の中学生として初めて12秒を切った[5]

東大の頃[編集]

東大では、アメリカン・フットボール部に入った[6]。2年の秋ごろになって、このまま専門課程にいって卒業するのは物足りない、その前に外国に行ってみたいと思い始めた[6]。それで、1年間休学して海外旅行することを決めた[6]。この旅行は、20歳から21歳にかけての、野坂の楽しくかつ有意義な青春のひとこまだったのと同時に、人生の進路を決めるきっかけとなった[6]1966年4月、ソ連船に乗って横浜からナホトカに向かった[6]。最終的には、バンコクから船に乗って、4月の新学期に間に合うよう1967年2月末に帰国したが、10ヶ月半で41か国(ソ連、ユーゴスラビアが分裂したので、今の国数では、48か国)を訪れていた[6]

趣味[編集]

趣味は散歩と読書[3]。愛読書は中国故事・歴史[3]

系譜[編集]

野坂家[編集]

鳥取県米子市法勝寺町、米子市東倉吉町、米子市角盤町、米子市錦町、米子市義方町
野坂家は米子・法勝寺町商家だった。屋号屋。米子での取り扱い業者としては唐櫛屋(益尾)、山形屋(上田)、油屋(野坂)などが有名であった[7]曽祖父野坂吉五郎(金銭貸付業)は、中国貯蓄銀行頭取衆議院議員などをつとめた野坂茂三郎の弟[8]
祖父野坂康久は、酒造りをしていた稲田家[9]から野坂家へ養子に来た[2]米子市東倉吉町で洋食のレストラン「十字屋」を経営、市会議員もつとめた。
伯父野坂一郎、父陞三はそろって無線技師で、ラジオ山陰(現山陰放送)につとめた[10]
父陞三はBSS企画社長になった[11]

略系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野坂康二
 
 
 
野坂吉五郎
 
 
野坂茂三郎
 
 
 
 
 
たみの
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野坂康久
 
 
 
幹代
 
野坂淳蔵
 
 
野坂三郎
 
 
野坂寛治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野坂陞三
 
野坂一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野坂康夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]