青砥昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あおと のぼる
青砥 昇
生誕 1921年6月28日
死没 (1986-05-04) 1986年5月4日(64歳没)
出身校 京都大学工学部
職業 実業家
配偶者 青砥照子[1]

青砥 昇(あおと のぼる、大正10年(1921年6月28日 - 昭和61年(1986年5月4日)は日本実業家。元山陰放送社長[2]

父は元米子信用金庫会長青砥喜三郎、弟は元米子信用金庫会長青砥順

経歴[編集]

鳥取県米子市出身。米子中学校を経て、

昭和20年(1945年京都大学工学部卒業[2]

昭和23年(1948年)米子大栄社長、昭和28年(1953年)ラジオ山陰(現在の山陰放送)創設と同時に取締役に就任[2]

昭和30年(1955年常務取締役を経て昭和49年(1974年山陰放送社長に就任[2]

右から野坂康久坂口平兵衛 (2代)青砥喜三郎高松宮宣仁親王青砥昇織田収、野坂一郎、伊坂定吉、野坂寛治
昭和29年、ラジオ山陰開局)

昭和55年(1980年)~昭和61年(1986年)米子商工会議所副会頭のほか鳥取県経営者協会副会長、米子市監査委員、米子ライオンズクラブ会長、日本民間放送連盟理事、ビーエスエス企画・山陰興発・米子空港ビル各取締役などを歴任した[2]

昭和56年(1981年藍綬褒章を受章[2]

昭和61年(1986年)5月4日死去。

エピソード[編集]

昭和24年(1949年青砥昇松本僌(後の米子市長)など10名ばかりが集まって「三十路会」が結成された[3]。「三十路会」の集合場所は万能町の三光荘[3]。昭和27年(1952年)「三十路会」を拡大して「紀洋会」という親交団体ができた[4]。この名称はその年に生れた青砥昇の長女と村上一平(博愛病院理事長)の長男の名をとって“紀洋”とした[4]。「紀洋会」が「居酒屋の青春」からの脱却を図って、専門大店青年部と協力して青年会議所に発展的解消を遂げたのは昭和33年(1958年)7月12日であった[4]。初代理事長稲田松太郎、総務委員長村上一平、事務局長山本盛夫であった[4]

住所は米子市西町[1]

家族・親族[編集]

青砥家[編集]

(鳥取県米子市西町[1]

略系図[編集]

 
 
 
 
青砥喜三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
青砥昇
 
青砥順
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
青砥隆志
 
青砥悟志
 

参考文献[編集]

  • 『新日本人物大観』(鳥取県版) 人事調査通信社 1958年 ア…49頁
  • 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 1987年 725頁)
  • 『私の交遊抄(上)』(編集・朝日新聞鳥取支局、1989年 416 - 417頁)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 エ・オ…90頁
  2. ^ a b c d e f 『鳥取県人名録』 725頁
  3. ^ a b 『私の交遊抄 上』416頁
  4. ^ a b c d 『私の交遊抄 上』417頁

外部リンク[編集]