野坂康二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野坂 康二(、明治10年(1877年4月 - 没年不明)は日本実業家。ゼオライト工業(株)社長[1]米子製鋼所日本信号取締役[1]鉄道省嘱託[1]。大阪鉄道学校理事長[1]

元衆議院議員野坂茂三郎の弟。元鳥取県米子市野坂寛治の叔父。

経歴[編集]

鳥取県米子市法勝寺町出身。商家の生まれである。屋号屋。野坂與八郎の六男[1]

明治35年(1902年東京帝国大学工科機械科を卒業[1]大正14年(1925年)、甥寛治方より分家[1]

家族・親族[編集]

野坂家[編集]

鳥取県米子市法勝寺町東京市大森区久ヶ原町[1]
  • 父・與八郎[1]
茂三郎(実業家、政治家)
吉五郎(実業家、政治家)
明治17年(1884年)11月生[2] - 没
  • 男・義雄[1](実業家)
明治38年(1905年)9月生[1] - 没
明治41年(1908年)9月生[1] - 没
  • 女・幸江[1]
明治45年(1912年)5月生[1] - 没
大正3年(1914年)10月生[1] - 没
大正6年(1917年)5月生[1] -
大正9年(1920年)2月生[1] -

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)下ノ一〇
  2. ^ a b 『人事興信録. 4版』(大正4年)も七