稲田藤治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
稲田藤治郎
いなだ とうじろう
Inada Touzirou.JPG
生年月日 1869年
出生地 鳥取県米子市
没年月日 1942年
出身校 東京高等商業学校
(現一橋大学
所属政党 政友会

在任期間 1903年 -
テンプレートを表示

稲田 藤治郎(いなだ とうじろう、明治2年3月21日[1]1869年5月2日) - 昭和17年(1942年2月22日[2])は、日本政治家実業家。元衆議院議員。稲田家の七代目。鳥取県平民[3]

弁護士・公証人雑賀愛造、洋食のレストラン“十字屋”経営主で元米子市会議員野坂康久などは稲田一族の出身である。

経歴[編集]

鳥取県米子市出身。稲田喜重郎の二男[4]。家業は醤油醸造業(現・稲田本店)。

明治21年(1888年東京高等商業学校一橋大学の前身)卒業[4]

明治25年(1892年久米町にてビール工場を建設。本場ドイツで学んだ技師を雇い入れ、瓶は手拭で手造り、長いコルク栓ガス漏れを防ぐ等の工夫を凝らし“イナタビール”として売り出す。後年隣家より出火、類焼(ビール工場は全焼)に逢い、ビール製造は中止の止むなきに至ったが、地ビール製造の先駆とも言える存在であった。 [5]

明治36年(1903年)3月衆議院議員に当選。

大正2年(1913年)兄秀太郎方より分家して一家を創立す[4]

政治の世界を去ってからは東京に在住して各種の事業を営んだ。

家族・親族[編集]

稲田家[編集]

鳥取県米子市紺屋町・米子市久米町東京都
  • 『新修 米子市史 第五巻 民俗編』によれば、
「因幡屋稲田家は、延宝年代(1673年1680年)以前に因幡から伯耆の大寺村(現岸本町大寺)へ移り、元禄のころには米子で酒造業を営んでいる[6]。米子での初代は因幡屋半兵衛延享三年没)で、二代七左衛門元文二年~文化六年)、三代喜右衛門宝暦一二年~文政七年)、四代嘉右衛門寛政七年~明治一八年)、五代喜右衛門(改喜重郎天保七年~明治四二年)と続いている[6]。」。
  • 『米子商業史』によれば、
紺屋町酒造業商を営んだ因幡屋稲田家は、昭和9年(1934年)同家七代目藤治郎が記した稲田家系図によると、延宝年代(1673年1680年)以前、因幡から大寺村に移って、生業に従事していたが、元禄のころ米子に移り、岩倉町から尾高町に落ち着いた[7]。米子の初代は因幡屋半兵衛で、古い祖先の墓が飯生村にあったのを、菩提寺の安国寺に移したという[7]。半兵衛は延享3年(1746年)没[7]18世紀の70~80年代に、紺屋町に移って酒造業を開始した[7]
六代目稲田秀太郎
四代嘉右衛門は、明治18年(1885年)84歳で没するまで長命を保ったが、営業を拡大し、町年寄その他公職を奉じ、苗字帯刀を許された[8]華道茶道の趣味もあり、菩提寺鐘楼の建立や、荒尾家への資金用立などにその財力を示した[8]
幕末から明治にかけて五代目嘉右衛門嘉重郎[9])、六代目秀太郎もそれぞれ、町の政財界に重きをなした[8]醸造業醤油のほか、明治中期にはビール製造にも着手した[8]
  • 継母・いわ[10]
安政4年6月生[4] - 没
明治7年(1874年)5月生[4] - 没
  • 長男・勇太郎[4][11](湯浅坂本法律特許事務所特許部[11]
明治28年(1895年)2月生[4] - 没。住所は東京都世田谷区太子堂[11]宗教曹洞宗[11]
  • 同妻・ルイ[4](太宰一郎妹[4]
明治39年(1906年)10月生[4] - 没
  • 男・千秋[4](天野芳太郎の養子になる[4]
  • 庶子男・[3](生母・鳥取県平民間瀬春野[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第十八回帝国議会衆議院議員名簿』(第十八回帝国議会衆議院公報第一号附録)〔1903年〕、20頁。
  2. ^ 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年、72頁。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録. 6版』(大正10年)い一二一
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『人事興信録. 第8版』(昭和3年)イ一九四
  5. ^ 蔵元 稲田本店【歴史】
  6. ^ a b 『新修 米子市史 第五巻 民俗編』656頁
  7. ^ a b c d 『米子商業史』55頁
  8. ^ a b c d 『米子商業史』56頁
  9. ^ 『米子商業史』393頁によれば“喜重郎”である
  10. ^ いわは『人事興信録. 6版』(大正10年)では「吹野道玄長女」だが『人事興信録. 第8版』(昭和3年)では「矢野通玄長女」である
  11. ^ a b c d 『新日本人物大観(鳥取県版)』1958年 イ…311頁

参考文献[編集]

  • 『鳥取県大百科事典』編集・新日本海新聞社鳥取県大百科事典編集委員会、1984年、58頁。
  • 『勝田ヶ丘の人物誌』2000年、18-21頁。

外部リンク[編集]