山田伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山田 伝
Den Yamada 1941.jpg
山田伝(1941年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サクラメント
生年月日 (1914-02-05) 1914年2月5日
没年月日 (1987-05-12) 1987年5月12日(満73歳没)
身長
体重
163 cm
56 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 外野手投手
プロ入り 1937年
初出場 1937年
最終出場 1948年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

山田 伝(やまだ でん、1914年2月5日 - 1987年5月12日)は、昭和初期(1930年代-1940年代)のプロ野球選手外野手)。

来歴[編集]

和歌山県日高郡切目川村生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント出身の日系二世[1]

エリグローブ高卒業後[1]、アメリカのノンプロ球団「スタクトン」を経て、セミプロ球団「アラメダ」に入団。1937年に同球団の日本遠征で来日したところをスカウトされ、同年阪急に入団した[1][2]

戦争でも帰国しなかったことから、戦時中断を挟んで、1番・中堅手として1938年秋〜1946年までほぼフル出場する。1940年には個人打撃成績5位の打率.272を挙げてベストナインを獲得。その後も1944年まで5年連続で打撃成績10位以内に入り、特に1942年は打率.250(リーグ4位)、1943年は打率.272(リーグ2位)の好成績を残した。また、1939年と1943年の二度盗塁王になっているが、1943年に記録した56盗塁戦前のシーズン最多記録である(戦後1948年南海河西俊雄が66盗塁で更新)。

左投げながら、二塁手として通算6試合出場している(1939年3試合、1940年2試合、1942年1試合)。また、1940年には投手として1勝を記録しているが、4月6日に挙げたその1勝は、対南海戦にて32-2で圧勝、現在も最多得点、最多得点差のプロ野球記録に残っている試合で完投勝利したものだった。

引退後、阪神通訳スコアラーとなり、1967年1971年,1973年,1976年は守備走塁コーチも務めた。

人物[編集]

非常に俊足の選手で、守備の際どんな打球でも体の中央のへその部分で捕球したところから[3]「ヘソ伝」として人気を博した[2]

当時阪急にはハワイ出身の上田藤夫が在籍していたが、上田のハワイ式英語はアメリカ本土出身の山田には通じなかったという[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1937 阪急 22 58 48 5 8 1 0 0 9 2 0 -- 0 -- 10 -- 0 6 -- .167 .310 .188 .498
1938 33 88 76 6 18 2 0 1 23 6 3 -- 4 -- 8 -- 0 5 -- .237 .310 .303 .612
1938 40 174 148 23 33 4 2 1 44 10 7 -- 5 -- 20 -- 0 15 -- .223 .315 .297 .613
1939 94 423 370 61 95 10 3 1 114 17 30 -- 11 2 40 -- 0 19 -- .257 .329 .308 .637
1940 99 441 379 38 103 11 1 1 119 34 13 -- 9 3 48 -- 1 32 -- .272 .355 .314 .669
1941 85 379 308 43 72 7 3 1 88 17 15 -- 9 -- 62 -- 0 13 -- .234 .362 .286 .648
1942 104 484 404 52 101 13 2 1 121 16 24 10 10 -- 68 -- 2 15 -- .250 .361 .300 .660
1943 83 359 276 46 75 4 3 2 91 16 56 10 4 -- 79 -- 0 10 -- .272 .434 .330 .764
1944 35 168 137 25 38 4 1 0 44 10 16 2 0 -- 30 -- 1 7 -- .277 .411 .321 .732
1946 101 470 411 60 110 17 2 2 137 39 36 9 2 -- 56 -- 1 19 -- .268 .357 .333 .690
1947 98 323 282 25 67 6 3 0 79 11 18 11 5 -- 36 -- 0 17 -- .238 .324 .280 .604
1948 81 244 221 30 47 6 0 0 53 10 13 4 4 -- 19 -- 0 12 -- .213 .275 .240 .515
通算:11年 875 3611 3060 414 767 85 20 10 922 188 231 46 63 5 476 -- 5 170 -- .251 .352 .301 .654
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1938 阪急 1 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 14 2.0 5 1 3 -- 0 0 0 0 6 6 27.00 4.00
1940 4 2 1 0 0 1 1 -- -- .500 100 24.2 19 0 12 -- 1 11 0 0 10 10 3.60 1.26
1944 3 3 3 2 0 2 1 -- -- .667 114 26.0 21 0 17 -- 1 4 0 0 9 7 2.42 1.46
通算:3年 8 6 4 2 0 3 3 -- -- .500 228 52.2 45 1 32 -- 2 15 0 0 25 23 3.91 1.46

タイトル[編集]

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 11 (1937年 - 1943年、1947年 - 1948年)
  • 22 (1944年)
  • 2 (1946年)
  • 54 (1967年 - 1969年)
  • 63 (1970年)
  • 79 (1971年、1973年)
  • 71 (1976年)

出典[編集]

  1. ^ a b c 『プロ野球人名事典』516頁
  2. ^ a b 【8月14日】1944年(昭19) 戦争中でも職業野球!外野手“ヘソ伝”が完封勝利”. スポーツニッポン (2007年8月14日). 2012年12月27日閲覧。
  3. ^ a b 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』295頁

参考文献[編集]

  • 森岡浩『プロ野球人名事典』日外アソシエーツ、1999年
  • 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』恒文社、1976年

関連項目[編集]