樋口正蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
樋口 正蔵
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 (1939-09-26) 1939年9月26日(79歳)
身長
体重
176 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

樋口 正蔵(ひぐち しょうぞう、1939年9月26日 - )は、日本の実業家、元プロ野球選手。現役時代のポジションは外野手一塁手

来歴・人物[編集]

大阪府出身。浪華商業では、2年生の1956年中堅手として夏の甲子園に出場。準々決勝に進むが、この大会に優勝した平安高に敗れた[1]

卒業後は法政大学へ進学。東京六大学リーグでは在学中に4度優勝。レギュラー外野手として1960年春季、1961年秋季リーグの2度の優勝に貢献する。1960年の全日本大学野球選手権大会でも、決勝で同志社大のエース山尾孝雄の好投に苦しむが、延長14回の熱戦の末に優勝を飾る。リーグ通算30試合出場、105打数33安打、打率.314、0本塁打、11打点。大学同期に新山彰忠小川博室山皓之助がいた。1962年南海ホークスに入団。

1年目から一軍に定着、主に代打として起用されるが、外野手、一塁手もこなす。2年目の1963年には不振の穴吹義雄に替わり、レギュラー右翼手として起用される。同年は400フィート打線の一番打者として135試合に出場し、打率.313(ベストテン3位)の成績を残す。翌1964年は、阪急ブレーブスから戻った杉山光平との併用で昨年と同じく右翼を守り、打率.296の好成績をあげるが、夏場の欠場が響き規定打席には届かなかった。しかし前年に南海コーチのカールトン半田に伝授されたドラッグバントを武器に、内野安打を55本打ち、プロ野球のシーズン記録を達成する。55本の内の25本は得意のバントヒットによるものだった。同年の阪神タイガースとの日本シリーズでは全7試合に先発出場、27打数9安打の好記録でチーム日本一に貢献。1965年は杉山の不振もあり、主に2番打者として110試合に出場する。1965年、1966年のリーグ優勝にも大きな役割を果たした。1967年には2度目の規定打席に到達(19位、打率.256)。1971年に通算1000試合を記録し、同年限りで引退した。

現在は大阪府内に所在する螺子製造・卸売会社の社長。[要出典]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 南海 70 88 80 8 20 3 0 1 26 8 4 1 2 0 5 0 1 9 0 .250 .302 .325 .627
1963 135 510 464 57 145 12 9 3 184 33 9 5 17 1 23 0 5 23 2 .313 .352 .397 .748
1964 135 363 324 43 96 10 2 1 113 28 8 5 9 1 25 1 4 19 2 .296 .354 .349 .703
1965 110 308 280 32 73 11 1 1 89 15 1 3 6 2 17 0 3 18 3 .261 .310 .318 .628
1966 102 295 268 23 71 9 1 1 85 17 3 1 7 1 18 0 1 16 0 .265 .314 .317 .631
1967 121 449 410 39 105 11 2 0 120 24 8 5 11 2 25 1 1 33 8 .256 .300 .293 .593
1968 116 342 320 40 92 7 2 5 118 32 5 1 6 2 12 0 2 20 1 .288 .317 .369 .686
1969 95 329 299 26 78 8 0 0 86 14 1 3 7 0 20 1 3 25 2 .261 .314 .288 .601
1970 80 262 240 33 78 17 1 2 103 28 1 1 3 2 16 0 1 5 2 .325 .370 .429 .799
1971 72 174 162 16 42 6 0 1 51 13 1 0 2 1 7 0 2 6 2 .259 .298 .315 .613
通算:10年 1036 3120 2847 317 800 94 18 15 975 212 41 25 70 12 108 3 23 174 22 .281 .313 .342 .655
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 3 (1962年 - 1971年)

馬主として[編集]

勝負服は水色、赤一本輪、赤袖。冠名は「バンブトン」(現在は冠名を用いていない)。父正一も中央競馬馬主協会連合会会長を務めた馬主だった。

主な所有馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]