岡田豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡田 豊
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1932-09-12) 1932年9月12日(86歳)
身長
体重
166 cm
68 kg
選手情報
ポジション 捕手
プロ入り 1956年
初出場 1956年
最終出場 1961年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡田 豊(おかだ ゆたか、旧名 哲男(てつお)、1932年9月12日 - )は、元プロ野球選手プロ野球審判員兵庫県出身[1]

来歴・人物[編集]

県立尼崎工業から近畿大学を経て1956年阪急ブレーブスに捕手として入団、1961年まで現役をつとめる[1]。現役時代の通算成績は実働5年で112試合に出場し、178打数36安打の.202、0本塁打、10打点である。

その後パ・リーグ審判部に入局し、パ・リーグ初の3000試合出場を達成し、1993年までつとめた。審判員袖番号は31977年初採用から1993年引退まで、3は2003年以降橋本信治がつけている。)。通算試合出場数は3271試合、日本シリーズ8回、オールスター4回出場しており、1970年代1980年代を代表する名審判であった。

同じ頃にセ・リーグで活躍した同姓の岡田功元審判員とは高校の1年後輩であり、しかもほぼ同時期に改名していたことがあった。

1983年西宮スタジアムでの阪急対日本ハム戦でマスクを忘れたまま「プレイ」をコールした事があり、同年から放送を開始したプロ野球珍プレー・好プレー大賞で取り上げられ、岡田もゲスト出演をした。その際、同年の日本シリーズ第7戦で球審を務めたことも紹介され、VTRに合わせて「プレイ」をコールした。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1956 阪急 6 10 9 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .222 .300 .222 .522
1957 10 13 12 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
1958 21 47 41 3 5 0 1 0 7 2 1 3 2 0 4 0 0 9 2 .122 .200 .171 .371
1960 49 99 90 6 25 5 0 0 30 7 0 0 1 0 6 0 1 5 2 .278 .330 .333 .663
1961 26 33 26 1 4 1 0 0 5 1 0 0 3 0 4 0 0 5 1 .154 .267 .192 .459
通算:5年 112 202 178 10 36 6 1 0 44 10 1 3 7 0 15 0 1 24 5 .202 .268 .247 .515

背番号[編集]

  • 4 (1956年 - 1961年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、117ページ