大塚徹 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大塚 徹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県土浦市
生年月日 (1945-04-18) 1945年4月18日
没年月日 (2018-07-13) 2018年7月13日(73歳没)
身長
体重
174 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手外野手内野手
プロ入り 1964年
初出場 1965年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大塚 徹(おおつか とおる、1945年4月18日 - 2018年7月13日)は、日本の元プロ野球選手サンケイアトムズ・ヤクルトスワローズ南海ホークスでプレーした。茨城県土浦市出身。茨城県立土浦第三高等学校卒業。息子は元東京ヤクルトスワローズ大塚淳

来歴・人物[編集]

茨城県立土浦第三高等学校では、捕手として1962年秋季関東大会準決勝に進むが、宇都宮商に敗退。

1964年国鉄スワローズに入団。1964年1965年と2年連続でジュニアオールスターに出場。しかし根来広光岡本凱孝らの壁を破れず、1968年から外野手に転向[1]。同年は23試合に先発出場、一番打者として16試合に起用される。その後もユーティリティープレイヤーとして先発、代打守備固めなど、臨機応変に活躍。1971年には主に左投手対策として、自己最多の60試合に先発出場を果たす。偵察要員を使い、その後に大塚か左打者の内田順三が入る例が多かった。

1971年オフの第2回選抜会議(トレード会議)の対象となり、1972年から南海ホークスに移籍。その明るい性格を野村克也兼任監督に買われ、出場機会は少なかったが、ヤジ将軍、ムードメーカーとして常時一軍に帯同していた[1]。フロントから再三整理の対象とされていたが、野村監督がゲームに出ているほどの貢献をしているとしていて、年俸もレギュラークラスはあったといわれる。大量失点で負け越していた試合で、4番である野村監督が凡打で倒れ、ベンチに戻ってくると「監督ほどの高給取りでも打てないんだから、今日はもう気楽に行きましょう!」という元気よい大塚の声で、ベンチに笑いが起きた。あぶさんの初期(1巻~8巻)にしばしば登場している。

  1. アトムズ 1969年9月6日 対巨人23回戦(神宮)10回1死 投手:高橋一三
  2. ヤクルト 1971年5月26日 対巨人10回戦(神宮)9回0死 投手:高橋一三
  3. 南海 1972年8月11日 対近鉄13回戦(大阪)9回1死 投手:神部年男
  4. 南海 1973年8月7日 対日拓後期1回戦(大阪)9回2死 投手:新美敏

カウントはすべて2-3から。1.2.3は6球目ボールで四球、4は7球目。1は代走から守備(LF)に入り回ってきた打席、2.3.4は代打。

1975年、現役引退[1]。引退後は地元土浦市中神立町でスナック「ダッグアウト」を経営[1]1991年土浦リトルシニアを結成し監督に就任。

2008年、第6回KOALA CUP(オーストラリアゴールドコースト)において、東関東選抜チームを監督として率いて優勝。

2018年7月13日、死去[2]。73歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1965 サンケイ
アトムズ
ヤクルト
12 16 14 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 2 0 0 4 0 .214 .313 .214 .527
1966 14 6 6 3 1 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 .167 .167 .167 .333
1967 26 17 16 2 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 1 2 1 .188 .235 .188 .423
1968 58 123 111 10 30 3 1 1 38 9 2 2 2 2 7 0 1 20 2 .270 .319 .342 .662
1969 75 140 126 18 29 3 0 0 32 2 0 2 5 0 9 0 0 23 1 .230 .281 .254 .535
1970 71 153 140 9 31 2 2 0 37 8 1 1 5 0 8 0 0 26 3 .221 .264 .264 .528
1971 103 260 245 16 56 7 1 1 68 14 3 7 5 0 10 0 0 34 0 .229 .259 .278 .536
1972 南海 55 68 63 2 14 2 0 0 16 8 1 0 0 0 5 0 0 10 1 .222 .279 .254 .533
1973 20 21 17 0 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 4 0 0 5 1 .176 .333 .176 .510
1974 44 44 41 0 8 0 0 0 8 0 0 0 0 0 3 0 0 7 3 .195 .250 .195 .445
1975 24 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:11年 502 853 784 60 178 17 4 2 209 44 7 13 17 2 48 0 2 133 18 .227 .273 .267 .540
  • サンケイ(サンケイスワローズ)は、1969年にアトムズに、1970年にヤクルト(ヤクルトアトムズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 47 (1964年 - 1967年)
  • 29 (1968年)
  • 30 (1969年 - 1971年)
  • 38 (1972年 - 1975年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、107ページ
  2. ^ “元ヤクルト、南海の大塚徹氏死去 サヨナラ押し出し四球4度の日本記録保持者”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年7月14日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/07/14/kiji/20180714s00001173214000c.html  2018年7月14日閲覧。