三橋豊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三橋 豊夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県比企郡吉見村
生年月日 (1949-04-29) 1949年4月29日(69歳)
身長
体重
182 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1970年 ドラフト2位
初出場 1971年9月6日
最終出場 1971年9月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

三橋 豊夫(みつはし とよお、1949年4月29日 - )は、埼玉県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

鴻巣高校から日本通運に入社。1970年都市対抗に出場。1回戦で九州産交を相手に先発し8回2失点と好投するが、リリーフが打たれ9回裏サヨナラ負けを喫する[1]

1970年ドラフト会議ヤクルトアトムズから2位指名を受け入団。大型左腕として期待されたが活躍はできず、1976年限りで引退した。一軍での公式記録は1971年9月6日の対巨人戦で王貞治に与えたストレートの四球のみである。

背番号は球団創設時のエースだった金田正一が付けていた34を貰う。球威は抜群でオーバースローからの大きなカーブを武器としたが、制球力に欠けた。ファームで基礎から鍛え直したが安定感はなく、下半身が突っ張って上体だけで投げるピッチングは治らなかった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1971 ヤクルト 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 1 0.0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1 ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 1 0.0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1 ---- ----

記録[編集]

背番号[編集]

  • 34 (1971年 - 1976年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]