伊達泰司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊達 泰司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県桜井市大福
生年月日 (1951-03-03) 1951年3月3日(67歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手 外野手
プロ入り 1972年 ドラフト1位
初出場 1973年
最終出場 1976年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

伊達 泰司(だて やすし、1951年3月3日 - )は、奈良県出身の元プロ野球選手である。ポジションは一塁手外野手。息子は、元プロ野球選手の伊達昌司名前の読みは、大学時代までは「いだて たいじ」であった。[要出典]

来歴・人物[編集]

御所工業高校では、1968年第40回選抜高等学校野球大会中堅手として出場するも、1回戦で杉山茂町田公雄らのいた千葉・銚子商に敗れた[1]。高校時代の同期には、同じ法大を経て近鉄入りする松村彰士がいる。

法政大学に進学。東京六大学リーグでは、1年上のエース横山晴久らを擁し1969年秋季リーグから4季連続優勝を経験。全日本大学野球選手権大会明治神宮野球大会とも準優勝1回。当時の法大外野陣には、同期に長崎慶一、1年上に依田優一(大昭和製紙)、鈴木士郎(住友金属)が揃っており、なかなかレギュラーには届かなかった。しかし1972年には長崎と三、四番を組み、春季リーグで打率.418(3位)、秋季リーグで打率.356(6位)を記録、春秋季ともベストナイン(外野手)に選出されている。同年の第1回日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、日本の初優勝にも貢献。松村、長崎以外の大学同期に池田信夫若生正廣両投手がいた。

1972年のドラフト1位指名でロッテオリオンズに入団。ベース一周14秒5の俊足を持つ大学球界屈指の強打者であり、大きく期待された。1974年ジュニアオールスターにも出場する。しかし一軍では出場機会に恵まれず、1975年オフに松岡清治投手との交換トレードヤクルトスワローズへ移籍。ここでも活躍の場は少なく、1977年暮れに現役を引退。

引退後は会社員を経て、1990年にスカウトとして古巣・ロッテオリオンズに復帰。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1973 ロッテ 12 2 2 2 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1974 6 7 7 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .143 .143 .143 .286
1976 ヤクルト 5 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:3年 23 10 10 3 1 0 0 0 1 1 1 1 0 0 0 0 0 4 0 .100 .100 .100 .200

背番号[編集]

  • 33 (1973年 - 1975年)
  • 52 (1976年 - 1977年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]