丹野祐樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丹野 祐樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県仙台市
生年月日 (1980-07-20) 1980年7月20日(41歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

丹野 祐樹(たんの ゆうき、1980年7月20日 - )は、宮城県仙台市出身の元プロ野球選手投手)。


来歴・人物[編集]

仙台高では第80回全国高等学校野球選手権大会に出場。エースとして登板したが1回戦で、のちに準優勝する京都成章高校に10-7で敗れた。バスケットボール選手の柏倉秀徳は高校の同期である。

1998年のドラフト会議ヤクルトスワローズに7位指名され入団。松坂世代の一人である。

4年間で1軍登板は無く、2002年戦力外通告となった。

武器はスライダー、フォーク、シュート。

引退後はヤクルトで打撃投手2014年まで務め、その後は球団職員としてランドリー業務を担当している[1][2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 59 (1999年 - 2002年)
  • 91 (2003年 - 2009年)
  • 107 (2010年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【出動!特命記者】ヤクルト寮に潜入(前編) 球界屈指の豪華施設”. サンスポ.com (2015年1月14日). 2021年3月6日閲覧。
  2. ^ スタッフ-選手名鑑”. 東京ヤクルトスワローズ. 2021年3月6日閲覧。

関連項目[編集]