中島彰吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中島 彰吾
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県小郡市
生年月日 (1992-06-15) 1992年6月15日(27歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 育成選手ドラフト1位
初出場 2016年7月9日
最終出場 2017年6月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中島 彰吾(なかしま しょうご、1992年6月15日 - )は、福岡県小郡市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

小学生時代に、実兄と共に味坂クラブで野球をスタート。当時のチームメイトに、西部ガス外野手の永利拓哉がいた。小郡市立宝城中学校で軟式野球部へ所属すると、1年時から三塁手兼投手、1年秋からエースとして活躍した。

大牟田高校への進学後は、右翼手としての起用を経て、2年秋からエースの座を確保。しかし、在学中は春夏ともに、全国大会への出場経験がなかった。

福岡大学への進学後は、主に救援投手として、九州六大学野球のリーグ戦で登板。2年時と3年時には明治神宮野球大会での救援登板も果たしたが、リーグ戦では通算18試合の登板で1勝2敗にとどまった。ちなみに、梅野隆太郎信楽晃史は、いずれも1年先輩に当たる。

2014年の育成選手ドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから1巡目で指名。支度金300万円、年俸300万円(金額は推定)という条件で、育成選手として入団した。背番号は111

プロ入り後[編集]

2015年には、イースタン・リーグ公式戦12試合に登板。通算13イニング、防御率1.38、奪三振15の成績を残した。その一方で、二軍の内・外野手に故障者が続出したことから、7月8日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では「8番・左翼手」としてスタメンに起用。公式戦ではプロ入り初めての打席に立ったほか、4打数無安打という打撃成績ながら、最後まで左翼手として出場した[1][2]

2016年5月2日、10試合連続無失点、防御率2.40の成績が評価されて、支配下選手契約へ移行するとともに、背番号を71へ変更した[3]。5月4日に1軍昇格したが、登板機会がないまま5月13日に登録抹消。7月9日の中日ドラゴンズ14回戦で8回から救援登板し、1回1/3を無失点に抑え1軍初登板を果たした。

2017年は一軍公式戦は2試合しか登板機会はなく、10月3日に球団から戦力外通告を受けた[4]

ヤクルト退団後[編集]

台湾のウィンタートライアウトに「アジアンアイランダース」の一員として参加した[5]。ここでの活躍がオランダの野球リーグ・フーフトクラッセ関係者の目に留まり、2018年2月5日、デ・フラスコニンフ・ツインズに入団予定であることが発表され[6]、同月22日、正式に入団が決定した[7][8]。4月27日の開幕戦に先発登板し、4回を無失点に抑えた[9]。その後8月にはオーストラリアのシドニー・ブルーソックスに移籍した[10]

2019年には「アジアン・ブリーズ」に参加した。

選手としての特徴[編集]

制球で崩れることがない。スライダーが一番自信がある球種[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 ヤクルト 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 14 3.0 4 0 2 0 0 2 0 0 2 2 6.00 2.00
2017 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 26 4.2 11 3 1 0 0 3 0 0 7 7 13.50 2.57
NPB:2年 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 40 7.2 15 3 3 0 0 5 0 0 9 9 10.57 2.37
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 111 (2015年 - 2016年5月1日)
  • 71 (2016年5月2日 - 2017年)
  • 62 (2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 打撃投手・阿部と育成契約 故障者続出で異例の現役復帰 スポーツ報知 2015年7月9日閲覧
  2. ^ 2015年7月8日(水)イースタン・リーグ公式戦 東京ヤクルト vs 楽天打撃成績
  3. ^ 支配下選手登録のお知らせ 東京ヤクルトスワローズ公式サイト 2016年5月2日閲覧
  4. ^ 戦力外通告について”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト (2017年10月3日). 2017年10月3日閲覧。
  5. ^ “24名棒球浪人周遊世界各國 自費5萬來台尋夢” (中国語). ETtoday運動雲. (2018年2月6日). https://sports.ettoday.net/news/1108991 2018年5月13日閲覧。 
  6. ^ De Glaskoning Twins trekt nieuwe Japanse werper aan” (オランダ語). Twins Baseball 2018 (2018年2月5日). 2018年3月4日閲覧。
  7. ^ 中島彰吾選⼿所属先決定のお知らせ (PDF)”. アジアンアイランダース. ⼀般社団法⼈ TOMA Global Education・Footrans (2018年2月22日). 2018年5月13日閲覧。
  8. ^ “元ヤクルト・中島がオランダリーグ挑戦へ 所属先球団には3年連続で日本人選手が在籍”. ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). (2018年2月23日). https://www.baseballchannel.jp/npb/44397/ 2018年5月13日閲覧。 
  9. ^ Simpele overwinning voor De Glaskoning Twins” (オランダ語). Twins Baseball 2018 (2018年4月27日). 2018年5月13日閲覧。
  10. ^ “元燕・中島彰吾が豪州チーム入団 育成から世界へ「MLBも目指します」”. Full-Count. (2018年8月5日). https://full-count.jp/2018/08/05/post172701/ 2019年5月6日閲覧。 
  11. ^ ヤクルト・中島が1軍登録 高津C「ひたむきに頑張ってきた」 サンケイスポーツ 2016年5月4日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]