ロス・オーレンドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロス・オーレンドルフ
Ross Ohlendorf
シンシナティ・レッズ #27
MG 2617 Ross Ohlendorf.jpg
ナショナルズ時代(2013年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州オースティン
生年月日 1982年8月8日(34歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト4巡目(全体116位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名
初出場 2013年8月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

カーティス・ロス・オーレンドルフCurtis Ross Ohlendorf, 1982年8月8日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州オースティン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在はMLBシンシナティ・レッズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとダイヤモンドバックス傘下時代[編集]

2004年MLBドラフト4巡目(全体116位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名され、7月9日に契約。

2006年にAAA級ツーソン・サイドワインダーズに昇格。オフにテキサス大学財務部のインターンシップに参加した[1]

ヤンキース時代[編集]

2007年1月9日ランディ・ジョンソンとのトレードで、アルベルト・ゴンザレススティーブン・ジャクソン英語版ルイス・ビスカイーノと共にニューヨーク・ヤンキースへ移籍[2]。移籍後はAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースでプレー。9月9日にメジャー初昇格を果たし、9月11日のトロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビュー。7点リードの9回裏に登板し、1回を無安打無失点1三振に抑えた。ポストシーズンではアメリカンリーグディビジョンシリーズのロースター入りを果たし、10月4日クリーブランド・インディアンス戦で王建民が8失点で降板した5回2死から2番手で登板。しかし1回4安打1四球3失点と抑えられず、6回2死で降板した。

パイレーツ時代[編集]

2008年7月26日ダマソ・マルテゼイビア・ネイディとのトレードで、ジェフ・カーステンスダニエル・マカッチェンホセ・タバタと共にピッツバーグ・パイレーツへ移籍[3]。移籍後はAAA級インディアナポリス・インディアンスでプレーし、9月2日にメジャー昇格。移籍後は5試合に登板し、0勝3敗と結果を残すことができなかった。

2009年は29試合に登板し、自己最多の11勝(10敗)を挙げた。9月5日セントルイス・カージナルス戦ではメジャー40人目となる「9球で打者3人を3三振に抑える」ことを達成した。オフに農務省インターンシップに8週間参加した[4]

2010年7月28日コロラド・ロッキーズ戦・1回裏2死の場面で、打者・トロイ・トゥロウィツキーの打球が頭部に直撃し降板した[5]。この年は21試合に登板し、1勝11敗と結果を残せなかった。

2011年、球団は96万1000ドル増額の140万ドルを提示したが、オーレンドルフは不服として年俸調停に持ち込み、2月9日に自身の要求額である202万5000ドルが認められた[6][7]。しかしシーズンは肩の故障でシーズンの大半をリハビリに費やした[8]8月23日にメジャー昇格[9]9月5日ニューヨーク・メッツ戦ではデイナ・イブランドからメジャー初本塁打を記録し、この試合の決勝打となった[10]が、シーズンはこの1勝にとどまり、12月8日に放出された。

レッドソックス傘下時代[編集]

2012年2月16日ボストン・レッドソックスとマイナー契約で合意[11]。AAA級ポータケット・レッドソックスでプレーしていたが、6月2日FAとなった。

パドレス時代[編集]

2012年6月4日サンディエゴ・パドレスと1年契約で合意[12]6月16日にメジャー昇格。13試合に登板し4勝4敗・防御率は7.77を記録し、8月18日にAAA級ツーソン・パドレスに降格[13]9月4日DFAとなり[14]10月10日にFAとなった。

ナショナルズ時代[編集]

2013年1月5日ワシントン・ナショナルズとマイナー契約で合意。1月10日に球団が発表した[15]。AAA級シラキュース・チーフスでプレーし、6月12日にメジャー昇格した[16]。シーズンは16試合に登板し、4勝1敗と2009年以来の貯金を作った。12月2日にナショナルズと125万ドルの1年契約に合意した[17]

2014年3月21日に腰を痛め、15日間の故障者リスト入りした。3月26日に60日間の故障者リストへ異動した。この年はメジャーでの登板は無かった。

レンジャーズ時代[編集]

2015年1月23日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ[18]5月17日にメジャー契約となり、25人枠入りする[19]7月27日にDFAとなり[20]、7月31日に解雇となるが、8月5日にマイナー契約でレンジャーズと再契約し、AAA級ラウンドロック・エクスプレスへ配属された。9月1日にロースター拡大に伴ってメジャー昇格した。2年ぶりのメジャー復帰となったこの年は、21試合でマウンドに登って3勝1敗・防御率3.72・WHIP1.45という、まずまずの成績だった。オフの11月2日にFAとなった[21]

レッズ時代[編集]

2016年2月18日カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだが、3月23日に解雇された。[22]

その後、3月26日シンシナティ・レッズと年俸80万ドルでのメジャー契約を結んだ。5月13日のパイレーツ戦で、すでに警告試合が宣告された状態で登板し、デビッド・フリースに死球を与えて退場処分となり、3試合の出場停止処分と罰金を科せられた。[23]

投球スタイル[編集]

走者がいない時は腕を後ろから大きく振りかぶるワインドアップで投げる[24]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 NYY 6 0 0 0 0 0 0 0 1 --- 26 6.1 5 1 2 0 0 9 0 0 2 2 2.84 1.11
2008 25 0 0 0 0 1 1 0 4 .500 187 40.0 50 7 19 3 1 36 6 0 31 29 6.53 1.73
PIT 5 5 0 0 0 0 3 0 0 .000 113 22.2 36 3 12 0 0 13 4 1 18 16 6.35 2.12
'08計 30 5 0 0 0 1 4 0 4 .200 300 62.2 86 10 31 3 1 49 10 1 49 45 6.46 1.87
2009 29 29 0 0 0 11 10 0 0 .524 725 176.2 165 25 53 1 7 109 2 1 80 77 3.92 1.23
2010 21 21 0 0 0 1 11 0 0 .083 475 108.1 106 12 44 2 6 79 5 0 54 49 4.07 1.39
2011 9 9 0 0 0 1 3 0 0 .250 194 38.2 60 9 15 2 6 27 2 0 38 35 8.15 1.94
2012 SD 13 9 0 0 0 4 4 0 0 .500 233 48.2 62 7 24 0 1 39 2 1 44 42 7.77 1.77
2013 WSH 16 7 0 0 0 4 1 0 1 .800 247 60.1 56 8 14 1 1 45 1 0 22 22 3.28 1.16
2015 TEX 21 0 0 0 0 3 1 1 7 .750 85 19.1 21 4 7 2 0 19 0 0 8 8 3.72 1.45
2016 CIN 64 0 0 0 0 5 7 2 3 .417 290 65.2 59 14 32 1 6 68 4 0 35 34 4.66 1.39
通算:9年 209 80 0 0 0 30 41 3 16 .423 2575 586.2 620 90 222 12 28 444 26 3 332 314 4.82 1.44
  • 2016年度シーズン終了時
  • 2014年度シーズンはMLBでの出場なし

背番号[編集]

  • 60 (2007年)
  • 39 (2008年 - 同年途中)
  • 49 (2008年途中 - 2011年)
  • 59 (2012年)
  • 43 (2013年)
  • 25 (2015年 - 同年途中)
  • 51 (2015年途中 - 同年終了)
  • 27 (2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Mr. Ohlendorf goes to Washington MLB.com
  2. ^ Ohlendorf excited to finally be a Yankee MiLB.com
  3. ^ Yanks acquire Nady, Marte from Bucs for 4 minor league prospects Sports Illustrated
  4. ^ Intern Ohlendorf home for holidays MLB.com
  5. ^ Ohlendorf's injury MLB.com
  6. ^ Ross Ohlendorf gets big pay raise ESPN MLB
  7. ^ Ohlendorf wins arbitration hearing MLB.com
  8. ^ Ross Ohlendorf Injury Rehab Shut Down Due To Renewed Discomfort Baseball Nation
  9. ^ Pirates recall Ross Ohlendorf ESPN MLB
  10. ^ Pirates' Russ Ohlendorf homers, nabs first win of season vs. Dodgers ESPN MLB
  11. ^ Boston Red Sox Sign Ross Ohlendorf MLB Daily Dish
  12. ^ Padres Sign Ross Ohlendorf; Designate Matt Palmer MLB Daily Dish
  13. ^ Padres option Ohlendorf to minors FOX Sports
  14. ^ Padres Notes: Team DFAs Ohlendorf, Rodriguez; Activates Bass; Recalls Boxberger, Parrino, Solis MLB Daily Dish
  15. ^ Nats sign Ohlendorf, Mann to Minor League deals MLB.com
  16. ^ Nationals call up Ross Ohlendorf ESPN MLB
  17. ^ Nationals, Ohlendorf agree on one-year deal MLB.com
  18. ^ Brandon Wise (2015年1月23日). “Rangers sign Ross Ohlendorf to minor-league contract” (英語). FANTASY NEWS (CBSSports.com). http://fantasynews.cbssports.com/fantasybaseball/update/24986671/rangers-sign-ross-ohlendorf-to-minor-league-contract 2015年7月28日閲覧。 
  19. ^ Shawn Krest (2015年5月17日). “Rangers put Ross Detwiler on DL” (英語). FANTASY NEWS (CBSSports.com). http://fantasynews.cbssports.com/fantasybaseball/update/25187948/rangers-put-ross-detwiler-on-dl 2015年7月28日閲覧。 
  20. ^ Anthony Andro (2015年7月27日). “Rangers bring up Phil Klein for bullpen help” (英語). FOX SPORTS. http://www.foxsports.com/southwest/story/texas-rangers-bring-up-klein-for-bullpen-help-072715 2015年7月28日閲覧。 
  21. ^ Transactions | texasrangers.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2016年2月19日閲覧。
  22. ^ “Ross Ohlendorf Statistics and History : Transactions” (英語). Baseball-Reference.com. (2016年5月15日). http://www.baseball-reference.com/players/o/ohlenro01.shtml 2016年5月16日閲覧。 
  23. ^ “レッズ救援右腕、警告後にD.フリースへの死球で出場停止処分”. iSM (Yahoo!JAPAN). (2016年5月14日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160514-00000211-ism-base 2016年5月16日閲覧。 
  24. ^ WSH@COL: Ohlendorf solid wins in first 2013 start

関連項目[編集]

外部リンク[編集]