緒方勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
緒方 勝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県
生年月日 (1940-06-21) 1940年6月21日(78歳)
身長
体重
174 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1964年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

緒方 勝(おがた まさる、1940年6月21日 - )は、宮崎県[1]出身の元プロ野球選手投手)。1971年の登録名は相沢 勝[1]

来歴・人物[編集]

高鍋高では1958年夏の甲子園南九州大会県予選準々決勝に進出するが、宮崎大宮高に敗退。

高校卒業後は、社会人野球日本鉱業佐賀関に入団。1961年都市対抗野球電電九州の補強選手として出場。準々決勝で日本石油を相手にリリーフ投手として起用されるが、延長13回の熱戦の末に敗退。

1962年国鉄スワローズへ入団[1]1964年から主に中継ぎとして起用され、1965年には39試合に出場、1968年に初勝利をあげる。シュートとカーブの切れ味のよい力投派であった。

1971年オフに第2回選抜会議(トレード会議)で近鉄に指名されたが、移籍せずに同年限りで現役を引退し、家業の旅館業をついだ。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1964 国鉄
サンケイ
アトムズ
ヤクルト
22 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 135 34.0 31 1 8 0 0 18 0 0 10 5 1.32 1.15
1965 39 1 0 0 0 0 3 -- -- ---- 275 63.0 67 8 21 0 1 23 2 0 40 30 4.29 1.40
1966 17 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 138 31.0 41 6 7 0 1 15 0 1 18 18 5.23 1.55
1967 17 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 130 32.0 28 3 12 0 0 14 0 0 9 9 2.53 1.25
1968 47 1 0 0 0 1 4 -- -- .200 323 77.0 77 7 19 2 3 24 0 0 32 29 3.39 1.25
1969 34 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 227 55.1 52 3 16 0 2 26 0 0 22 18 2.95 1.23
1970 21 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 109 25.1 34 5 2 0 1 11 0 0 11 10 3.60 1.43
1971 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 14 3.1 4 0 1 0 0 1 0 0 2 2 6.00 1.61
通算:8年 199 2 0 0 0 1 7 -- -- .200 1351 321.0 334 33 86 2 8 132 2 1 144 121 3.39 1.31
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に、1969年にアトムズに、1970年にヤクルト(ヤクルトアトムズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 62 (1962年)
  • 44 (1963年 - 1967年)
  • 45 (1968年 - 1971年)

登録名[編集]

  • 緒方 勝 (おがた まさる、1962年 - 1970年)
  • 相沢 勝 (あいざわ まさる、1971年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、117ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]