阿部健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿部 健太
20130417 Kenta Abe, pitcher of the Tokyo Yakult Swallows, at Meiji Jingu Stadium.JPG
ヤクルト時代(2013年4月7日 明治神宮野球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県松山市
生年月日 1984年9月8日(31歳)
身長
体重
184 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト4巡目
初出場 2003年8月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

阿部 健太(あべ けんた、1984年9月8日 - )は、愛媛県松山市出身の元プロ野球選手投手)。大阪近鉄バファローズの歴史において、最後の敗戦投手として知られている。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

愛媛県立松山商業高等学校では、2年時に第83回全国高等学校野球選手権大会に出場し、主戦投手としてチームのベスト4進出に貢献した[1]

2002年ドラフト会議で、大阪近鉄バファローズから4巡目で指名され入団。

近鉄・オリックス時代[編集]

2003年後半に高卒新人ながら一軍昇格し、先発で2勝を挙げた。シーズン終盤に先発登板機会がさらに1回あったが、新人王の受賞資格を翌年に残すために[2]その後は一軍登板がなかった。その当時の投球フォームが近鉄の先輩である岩隈久志と瓜二つだったことや、当時の背番号「48」が岩隈が入団した当時のものと同じだったこと、さらに痩せ型の体型も同じだったことから「岩隈二世」と呼ばれていた[1]

2004年以降は伸び悩み、成績次第では登録名を「ケンタ」とする構想があったが、見送りになった。近鉄球団の最終試合となった9月27日の対オリックス・ブルーウェーブ戦(Yahoo!BBスタジアム)では、岩隈に次いで2番手として投げて敗戦投手となり、近鉄最後の敗戦投手、および責任投手となった。この年オフの球団再編に伴う選手分配ドラフトオリックス・バファローズへ移籍。

2005年2006年の一軍登板は、数試合の敗戦処理だけだった。2007年は一軍登板がなく、同年11月に濱中治吉野誠との交換トレードで、平野恵一とともに阪神タイガースへ移籍。

阪神時代[編集]

阪神時代(2011年)

2008年JFKと、それに渡辺亮を加えた中継ぎ投手陣の調整が遅れたため、開幕一軍に選ばれた。開幕当初は敗戦処理での登板が多かったが、徐々に投球内容が評価され、夏頃にはブルペンに欠かせない存在となった。自己最多の32試合に登板し、防御率2.96の記録でチームに貢献した。

2009年にも一軍公式戦19試合に登板したが、2010年2011年には一軍での登板機会がなかった。2011年はウエスタン・リーグ公式戦でも未勝利に終わり、同年10月に球団から戦力外通告を受けた[3]。その後12球団合同トライアウトへの参加を経て東京ヤクルトスワローズに移籍した。

ヤクルト時代[編集]

2012年オープン戦6試合の登板で5セーブを記録。通算7イニングを無安打無失点に抑えたことが評価されて、シーズン開幕を一軍で迎えた[4]。シーズン通算では、一軍公式戦15試合に登板したものの、勝敗は付かなかった。

2013年には、7月3日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)4回表から2番手で登板。1イニングを1安打無失点に抑えて交代した後に、チームの逆転勝利によって移籍後初勝利を挙げた。一軍では近鉄時代の2003年9月14日以来3,580日振りの勝利で、日本国外でのプレー経験がある投手を含めると大家友和の5,847日に次ぐ2位、NPB球団のみに所属していた投手に限定すると遠山奬志の3,507日を更新するNPB最長記録となった[5]。その遠山は、当時阪神二軍の投手コーチを務めており、阿部は、勝利を記録した直後に、「えっ、遠山さんを超えて?珍記録ですね」というコメントを残した。

2014年には、一軍公式戦11試合に登板したが、防御率13.81と精彩を欠いた。10月1日に球団から戦力外通告を受け[6]、現役引退を表明[7]し、スコアラー打撃投手に転身した。12月2日にNPBから自由契約選手として公示された[8]

2015年は打撃投手としてシーズンを迎えたが、この年のチームは二軍クラスの内野手外野手に故障者が続出しており、イースタン・リーグの公式戦で投手を外野手[9]指名打者、複数の捕手を内野手として同時にスタメンへ起用する[10]ほどの野手不足に陥っていた。その中で編成部長の松井優典から、現役引退から間もない阿部の身体能力や野球センスの高さが注目され、7月8日に球団と育成選手契約を結んで現役に復帰した。チームの支配下登録投手が不慣れな野手としての出場によって故障する事態を避けるため、投手としての登録でありながら「野手としてイースタン・リーグの公式戦にのみ出場する」という異例の条件であった。育成契約での年俸は推定550万円で、背番号は打撃投手として付けていた「107」を引き続き使用[9]。契約直後の7月14日、イースタン・リーグの対読売ジャイアンツ戦(戸田球場)に8番・左翼手としてスタメンに起用され、調整登板の内海哲也から適時打を放って、現役復帰後初の安打・打点を記録した[10]。このシーズンは同リーグで11試合に出場し、17打数2安打3打点の成績を残したが、すべて野手としての出場であり、投手としての登板機会はなかった。10月2日に自身3度目の戦力外通告を受け[11]、改めて現役を引退。スカウトへ転身した[12]。10月30日にNPBから自由契約選手として公示された[13]

プレースタイル[編集]

当初は速球スライダーチェンジアップを武器にしていた本格派だったが、ヤクルトに在籍していた頃にはシュートフォークボールなど多様な球種を投げ分け総合力で勝負するスタイルに変わっていた[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2003 近鉄 5 3 1 0 0 2 0 0 -- 1.000 100 25.0 22 3 6 0 0 23 1 0 6 6 2.16 1.12
2004 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 29 5.1 12 4 1 0 0 3 0 0 8 8 13.50 2.44
2005 オリックス 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 22 5.0 6 2 1 0 1 7 0 0 4 4 7.20 1.40
2006 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 27 6.1 6 1 1 0 1 4 0 0 3 3 4.26 1.11
2008 阪神 32 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 200 51.2 37 8 9 1 4 34 0 0 17 17 2.96 0.89
2009 19 3 0 0 0 0 1 0 0 .000 147 33.0 39 2 13 2 1 24 1 0 13 12 3.27 1.58
2012 ヤクルト 15 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 62 15.0 12 1 6 1 0 9 0 0 6 6 3.60 1.20
2013 18 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 83 20.0 19 3 5 0 0 18 1 0 10 10 4.50 1.20
2014 11 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 74 14.1 25 4 8 0 0 11 1 0 22 22 13.81 2.30
通算:9年 110 7 1 0 0 3 3 0 4 .500 774 175.2 178 28 50 4 7 133 4 0 89 88 4.51 1.28
  • 2014年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 48 (2003年 - 2007年)
  • 56 (2008年 - 2011年)
  • 58 (2012年 - 2014年)
  • 107 (2015年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 石田洋之「神宮つばメ~ル」 : 第32回 阿部健太の失われない10年 スポーツコミュニケーションズ、2013年7月15日
  2. ^ 10年前に阿部と勝利つかんだ的山コーチ「もっと勝つと思っていた」”. スポーツニッポン (2013年7月4日). 2013年7月4日閲覧。
  3. ^ 阪神、大ナタ大量8選手に戦力外通告”. サンケイスポーツ (2011年10月10日). 2011年10月10日閲覧。
  4. ^ 【ヤクルト】ポスト青木へ比屋根ら1軍 日刊スポーツ、2012年3月28日配信
  5. ^ ヤクルト 阿部 10年ぶり勝った!国内最長ブランク、遠山超えた スポーツニッポン、2013年7月4日配信
  6. ^ 来季の契約について ヤクルト球団公式サイト、2014年10月1日配信
  7. ^ ヤクルト野口に戦力外通告 阿部は引退 デイリースポーツ、2014年10月1日配信
  8. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  9. ^ a b 打撃投手・阿部と育成契約 故障者続出で異例の現役復帰 スポーツ報知、2015年7月9日閲覧
  10. ^ a b 元打撃投手の「二刀流」ヤクルト阿部、“デビュー戦”で巨人・内海から初安打&初打点! Yahoo!ニュース、2015年7月15日配信
  11. ^ 【ヤクルト】2008年ドラ1左腕・赤川らに戦力外通告 スポーツ報知、2015年10月2日配信
  12. ^ プロ野球 引退、退団、移籍、戦力外選手一覧 日刊スポーツ、2015年11月6日
  13. ^ 2015年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト、2015年11月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]