横山徹也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横山 徹也
Yokoyama2015.JPG
楽天時代(2015年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府舞鶴市
生年月日 (1984-06-26) 1984年6月26日(33歳)
身長
体重
176 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2002年 ドラフト6巡目
初出場 NPB / 2008年8月19日
最終出場 NPB / 2012年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

横山 徹也(よこやま てつや、1984年6月26日 - )は、京都府舞鶴市出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。

NPB大阪近鉄バファローズおよびオリックス・バファローズでのプレーを経て、2014年四国アイランドリーグplus愛媛マンダリンパイレーツで現役を引退。2015年よりブルペン捕手として東北楽天ゴールデンイーグルスと契約。

同年6月19日からシーズン終了まで育成選手として現役に復帰していた(詳細後述)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福知山成美高等学校から2002年のドラフト6巡目で大阪近鉄バファローズへ入団した。同級生にヤクルト5巡目指名の大原秉秀がいる。

近鉄時代[編集]

近鉄への入団後は、二軍生活に終始。一軍公式戦への出場経験がないまま、オリックス・ブルーウェーブとの合併に伴う2004年末の分配ドラフトでオリックス・バファローズへ移籍した。

オリックス時代[編集]

オリックス時代(2008年)

移籍1年目の2005年に、ウエスタン・リーグの公式戦で.326と高い打率をマーク。2008年8月19日東北楽天ゴールデンイーグルス戦8回表の守備から、捕手として一軍デビューを果たした。

2009年には、シーズン初の一軍昇格になった5月1日の対楽天戦で、7回表に一軍初安打を記録。一時は二軍に戻ったが、9月17日の対福岡ソフトバンクホークス戦でプロ入り初のスタメンマスクを経験した。9月27日の対千葉ロッテマリーンズ戦では、一軍初打点を含む3安打で、自身初の猛打賞を記録した。打席数こそ少なかったものの、通算打率が.421に達するなど、シーズン終盤を中心に打撃面でアピールを続けた。

2011年には、ウエスタン・リーグ公式戦で、捕手としてチーム最多出場。打撃でも打率.267を記録したが、一軍での出場機会には恵まれず、一軍では3年振りの無安打に終わった。

2012年には、8月16日に、同じ捕手の日高剛と共にシーズン初の一軍昇格。前日の試合で投手陣の大量失点を招いた伊藤光斉藤俊雄両捕手に代わっての昇格だったことから、昇格当日の対北海道日本ハムファイターズ戦で早速スタメンマスクをかぶったが、5回裏に球団ワーストタイの1イニング11失点を喫した。その後も3試合でスタメンマスクを任されるものの、スタメン出場の4試合で投手陣が合計で35失点。打撃では一軍で2年振りの安打・打点を記録したが、上記のようにリード面で課題を露呈したことから、監督の岡田は9月以降の公式戦で日高をスタメンに起用。森脇浩司が監督代行に就任したシーズン終盤には、一軍へ復帰した伊藤が、もっぱらスタメンマスクを任されていた。

2013年には、一軍昇格の機会がないまま、10月26日に戦力外を通告[1]。しかし、現役続行への意向が強いことから、通告後には2度にわたって12球団合同トライアウトへ参加した。

独立リーグ時代[編集]

2013年12月16日に、独立リーグ四国アイランドリーグplus愛媛マンダリンパイレーツが横山の獲得を発表した[2]

2014年にはリーグ戦43試合に出場。打率.188、打点10、本塁打1という成績を残した[3]が、シーズン終了後に契約期間を満了したことから退団(自由契約[4]。これを機に、いったん現役を引退した。

楽天時代[編集]

2015年に、ブルペン捕手として東北楽天ゴールデンイーグルスへ入団。しかし、6月19日に球団と育成選手契約を結んだ[5]。この年のチームは、育成選手として契約したばかりのアレハンドロ・セゴビアを含めて、6人の捕手が所属。その一方で、捕手出身の一軍監督・大久保博元は、一軍に常時3人の捕手を登録する方針を打ち出していた。ところが、正捕手・嶋基宏と二番手捕手・伊志嶺忠6月に相次いで負傷で戦線離脱。一軍に残る捕手は経験の浅い小関翔太だけとなってしまったため、二軍から下妻貴寛小山桂司が急遽一軍に昇格。イースタン・リーグの公式戦に出場できる捕手がセゴビアしかいなくなった[6]。以上の状況から横山は「イースタン・リーグの公式戦にのみ出場する」という異例の条件で育成枠で現役に復帰した。背番号は125を着用。復帰後は、捕手として同リーグ公式戦14試合に出場するとともに、12打数1安打(1二塁打)、打率.083という成績を残した。シーズン終了後の10月30日には、改めて現役を引退することや、ブルペン捕手として再び契約することが球団から発表された[7]

人物[編集]

ニックネームは「ゴンゾウ」「ポコヤマン」。

オリックス時代には、下山真二大引啓次金子千尋など、歴代のチームメイトのブログに登場。「ゴンゾウ」の愛称で、選手やファンに親しまれていた。また2012年は登場曲に「行くぜっ!怪盗少女」(ももいろクローバーZ)を採用していた。

ABCラジオでは、オリックス情報・応援番組『これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜』からのスピンオフ企画として、当時オリックスに所属していた横山と大阪近鉄時代からのチームメイト・坂口智隆(愛称「ぐっち」)の共演による特別番組『ぐっち・ゴンゾウの「キバっていこうぜ!!」』を2011年1月3日に放送した。以降のレギュラー放送でも、横山・坂口に「ビッキー」という愛称を持つ大引を加えた鼎談企画『ぐっち・ゴンゾウ・ビッキーの「キバっていこうぜ!!」』を、2012年までのオフシーズン期間に3回実施。この企画がきっかけで、オリックスの本拠地・京セラドーム大阪では、3人のプロデュースによる女性向け弁当「ぐっち・ゴンゾウ・ビッキーのキバって弁当」を同年のシーズン中にオリックス戦限定で販売していた[8]

タレントのギャル曽根は、出身中学の後輩に当たる[9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 オリックス 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2009 10 19 19 2 8 2 0 0 10 1 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .421 .421 .526 .947
2010 11 15 15 1 4 1 0 0 5 1 0 0 0 0 0 0 0 6 1 .267 .267 .333 .600
2011 5 11 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 0 0 2 0 .000 .200 .000 .200
2012 15 27 25 1 6 0 0 0 6 1 0 0 1 0 1 0 0 5 0 .240 .269 .240 .509
通算:5年 40 73 68 4 18 3 0 0 21 3 0 0 2 0 3 0 0 18 2 .265 .296 .309 .605

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2008 2 2 0 0 0 0 1.000 0 0 0 -
2009 7 31 0 0 0 0 1.000 2 2 0 .000
2010 11 32 2 0 0 0 1.000 3 2 1 .333
2011 5 28 1 0 0 0 1.000 2 2 0 .000
2012 15 44 5 0 0 0 1.000 9 8 1 .111
通算 40 137 8 0 0 0 1.000 16 14 2 .125

記録[編集]

NPB

独立リーグでの打撃成績[編集]













































2014 愛媛 .188 43 135 117 5 22 3 1 1 10 31 7 8 3 0 1 .256 .280 2 1
通算:1年 .188 43 135 117 5 22 3 1 1 10 31 7 8 3 0 1 .256 .280 2 1

背番号[編集]

  • 67 (2003年 - 2014年)
  • 125 (2015年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オリックス 横山、梶本に戦力外通告スポーツニッポン2013年10月26日配信
  2. ^ 新入団選手のお知らせ【チームからのお知らせ】愛媛マンダリンパイレーツ2013年12月16日配信
  3. ^ 四国アイランドリーグplusウェブサイト掲載の打撃成績[1]による(2014年10月12日閲覧)
  4. ^ 退団選手のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2014年12月1日)
  5. ^ “プロ野球:楽天がブルペン捕手の横山徹也と育成選手契約”. 毎日新聞. (2015年6月19日). http://mainichi.jp/sports/news/20150620k0000m050035000c.html 2015年6月20日閲覧。 
  6. ^ 楽天 ブルペン復帰 横山は育成選手に デイリースポーツ 2015年6月19日配信
  7. ^ 横山徹也ブルペン捕手に関して東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト 2015年10月30日発表
  8. ^ ABCラジオ『これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜』2012年2月13日放送 キバッていこうぜ!第4弾!! 出演:坂口智隆選手、横山徹也選手、大引啓次選手
  9. ^ オリックス・バファローズ公式携帯サイト「Players Diary」2008年9月17日付の投稿より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]