新田玄気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新田 玄気
新田玄気.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県高松市
生年月日 (1982-08-22) 1982年8月22日(36歳)
身長
体重
172 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2008年 ドラフト5位
初出場 2010年8月26日
最終出場 2013年6月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

新田 玄気(にった げんき、1982年8月22日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属する香川県高松市出身[1]の元プロ野球選手(捕手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

小学校3年でソフトボールを始めると、屋島中学校時代に軟式野球へ転向。高松商業高校では捕手兼投手[1]。3年時に主将を務め、夏の全国高等学校野球選手権香川大会でベスト8まで進んだ[1]中央大学への進学後は、4年次に春秋連続で東都大学リーグのベストナイン(捕手部門)に選ばれた[1]。在学中には、リーグ戦通算で80試合に出場。打率.266(312打数83安打)、3本塁打、32打点という記録を残した。大学時代のチームメイトに亀井義行がいる。

大学卒業後の2005年に、松下電器(現在のパナソニック)へ入社。当初は外野手だったが、すぐに正捕手に定着する。同年の第32回社会人野球日本選手権大会決勝(対NTT西日本戦)の延長11回に齊藤信介から中越えサヨナラ打を放った[2]。2008年はDHとして社会人ベストナインに選出された[3]

2008年のNPBドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズが5巡目で指名。契約金3,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)という条件で入団した[4]

プロ入り後[編集]

2009年には、イースタン・リーグ公式戦38試合に出場。打率.241、5本塁打を記録したほか、フレッシュオールスターゲームにも同リーグ選抜の一員として出場したが、一軍公式戦への出場機会はなかった。

2010年には、8月26日の対横浜ベイスターズ戦(明治神宮野球場)9回裏に代打で一軍公式戦デビューを果たすと、一軍初安打を左翼への二塁打で記録した。一軍公式戦には、通算で6試合に出場。打率.333(6打数2安打)でシーズンを終えた。

2011年には、イースタン・リーグ公式戦39試合の出場で打率.183、0本塁打と振るわず、一軍公式戦への出場機会はなかった。

2012年には、一軍公式戦8試合に出場。9月15日の対横浜DeNAベイスターズ戦(神宮)では、藤江均からの2点適時打によって、一軍公式戦初打点を記録した。

2013年には、一軍公式戦で入団後最多の14試合に出場。5月15日には、「7番・捕手」として対埼玉西武ライオンズ戦(神宮)にスタメンで出場すると、7回裏の打席で一軍初本塁打を牧田和久からの2点本塁打で記録した。

2014年には、イースタン・リーグ公式戦49試合の出場で、本塁打0ながら打率.352をマーク。一軍公式戦への出場機会がないまま、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[5]が、秋季キャンプから打撃投手へ転身した[6]12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示[7]

2015年以降も打撃投手やブルペン捕手を務めていたが、ブルペン捕手であった2017年に、6月24日付で育成選手契約を締結。レギュラーシーズンの開幕から故障者が相次ぐチーム事情を背景に、イースタン・リーグ公式戦へ出場できる選手の不足に伴う暫定措置[8]ながら、3年ぶりに現役へ復帰した[9]。なお、背番号については、ブルペン捕手時代の104を引き続き着用する。イースタン・リーグ公式戦には3試合出場し、10月3日に球団から戦力外通告を受け[10]、再びブルペン捕手に戻ることとなった[11]。10月31日付で自由契約選手公示された[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 ヤクルト 6 6 6 0 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .500 .833
2012 8 9 9 0 2 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .222 .222 .222 .444
2013 14 18 17 4 6 0 0 1 9 7 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .353 .389 .529 .918
通算:3年 28 33 32 4 10 1 0 1 14 9 0 0 0 0 1 0 0 7 1 .313 .333 .438 .771

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2010 1 1 0 0 0 0 1.000 0 0 0 -
2012 3 6 0 0 0 0 1.000 1 1 0 .000
2013 2 6 2 1 0 0 .889 2 1 1 .500
通算 6 13 2 1 0 0 .938 3 2 1 .333

記録[編集]

背番号[編集]

  • 32 (2009年 - 2014年)
  • 104 (2015年 - 2018年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 新田「1年目から勝負」/プロ野球ドラフト会議 四国新聞
  2. ^ 朝日新聞、2005年11月28日付朝刊 14版、15面
  3. ^ 毎日新聞、2008年12月11日付朝刊 13版、21面
  4. ^ 毎日新聞、2008年11月27日付朝刊 13版、21面
  5. ^ 来季の契約についてヤクルト球団公式サイト2014年10月1日配信
  6. ^ 捕手から打撃投手へ…ヤクルト・新田充実の「裏方二刀流」”. スポーツニッポン. 2014年12月16日閲覧。
  7. ^ 自由契約選手 2014年度公示 NPB.jp 日本野球機構 2014年12月5日閲覧。
  8. ^ ヤクルト ブルペン捕手を育成登録 故障者相次ぎ「応急措置」で”. スポーツニッポン. 2017年6月25日閲覧。
  9. ^ 新規育成選手登録 2017年度 NPB.jp 日本野球機構
  10. ^ 戦力外通告について”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト (2017年10月3日). 2017年10月3日閲覧。
  11. ^ “ヤクルト・今浪、橋本病で引退…甲状腺機能低下症「プロで戦えない」”. SANSPO.COM. (2017年10月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20171004/swa17100405020003-n1.html 2018年1月13日閲覧。 
  12. ^ 自由契約選手(育成選手)|2017年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2017年10月31日). 2017年11月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]