渡辺礼次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺 礼次郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県府中市
生年月日 (1931-07-27) 1931年7月27日(87歳)
身長
体重
170 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1954年
初出場 1954年
最終出場 1960年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 国鉄スワローズ (1961 - 1962)

渡辺 礼次郎(わたなべ れいじろう、1931年7月27日 - )は、広島県府中市出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

来歴・人物[編集]

府中高校から明治大学に進学。東京六大学野球リーグでは1952年秋季リーグで打率.333の記録を残し、同じ明大の岩崎亘利と首位打者を分け合う。1953年秋季リーグでは、秋山登らの好投もあって戦後初優勝を飾った。リーグ通算71試合出場、227打数57安打、打率.251、0本塁打、26打点。

1954年国鉄スワローズへ入団。1年目から一軍に上がり、9月から遊撃手として36試合に先発出場。一番打者としても20試合に起用される。その後も中村栄大久保英男と定位置を争い、5年目となる1958年にはレギュラーを獲得した。しかし1960年には土居章助平井嘉明が台頭し出場機会が減少。同年限りで引退し、翌年から2年間国鉄でコーチを務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1954 国鉄 52 169 153 23 42 12 1 2 62 9 2 3 3 2 11 -- 0 16 5 .275 .323 .405 .728
1955 49 165 148 16 34 3 0 0 38 5 2 4 3 0 14 0 0 16 4 .230 .296 .257 .553
1956 9 17 17 0 2 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 .118 .118 .118 .235
1957 84 217 206 17 47 7 4 2 68 15 2 5 6 0 5 0 0 41 4 .228 .246 .330 .577
1958 99 320 285 26 63 6 5 1 82 11 7 2 7 2 23 0 3 45 5 .221 .286 .288 .574
1959 102 302 281 21 66 11 1 2 85 17 2 6 5 0 15 0 1 50 9 .235 .276 .302 .579
1960 40 64 57 8 8 0 0 0 8 3 1 1 2 1 4 0 0 10 3 .140 .197 .140 .337
通算:7年 435 1254 1147 111 262 39 11 7 344 60 16 22 26 5 72 0 4 180 30 .228 .276 .300 .576

背番号[編集]

  • 26 (1954年 - 1955年)
  • 28 (1956年 - 1957年)
  • 14 (1958年 - 1960年)
  • 51 (1961年 - 1962年)

関連項目[編集]