土居章助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
土居 章助
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県
生年月日 (1937-09-03) 1937年9月3日(81歳)
身長
体重
172 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1956年
初出場 1956年
最終出場 1963年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

土居 章助(どい しょうすけ、1937年9月3日 - )は、高知県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

経歴[編集]

城東高等学校を経て、1956年国鉄スワローズへ入団。同期は西岡清吉1959年遊撃手のレギュラーを獲得し、102試合に出場した。翌1960年は自己最多となる111試合に出場し、オフに土屋正孝とのトレードで読売ジャイアンツへ移籍。1961年オフに大毎オリオンズへ移籍し、1963年引退した。

引退後は同球団に残り、スカウト・コーチを歴任。大沢啓二金田正一両監督に支え、1974年のリーグ優勝と日本一に貢献。1976年からは韓国に渡り、当時は社会人チームだったロッテ・ジャイアンツのコーチに就任(登録名・都偉彰、ハングル表記:도위창)。1980年に退団。その後はオリオンズに戻り、スカウト・二軍監督を務め、1984年に再び渡韓。プロになったロッテ・ジャイアンツの助監督に就任し、1987年に退団。1988年からは2年間、オリオンズでヘッドコーチを務めるが、2年連続最下位に終わる。1990年、ロッテ・ジャイアンツのコーチに再び就任。同年夏からシーズン終了までは監督代行も務めた、1992年退団。その後、1993年からは台湾中華職業棒球大聯盟に移り、兄弟エレファンツの打撃コーチに就任。山根俊英監督の下、チームの2連覇に貢献。1997年からは台湾職業棒球大聯盟に移り、高屏生活雷公の打撃コーチに就任。監督の山根と再びタッグを組み、1998年のレギュラーシーズン優勝に貢献。1999年退団。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1956 国鉄 28 66 63 5 15 1 1 1 21 4 1 2 1 0 2 0 0 11 1 .238 .262 .333 .595
1957 24 42 36 1 4 1 0 0 5 2 3 0 1 0 5 0 0 5 1 .111 .220 .139 .358
1958 70 158 150 13 31 6 2 0 41 5 11 5 4 1 3 0 0 21 2 .207 .222 .273 .496
1959 102 308 289 24 54 4 8 2 80 18 7 5 9 0 8 0 2 59 7 .187 .214 .277 .491
1960 111 299 283 32 62 15 3 4 95 15 14 3 11 1 2 0 2 48 1 .219 .230 .336 .566
1961 巨人 33 45 43 2 3 0 0 0 3 0 2 0 0 0 2 0 0 8 0 .070 .111 .070 .181
1962 大毎 61 29 28 17 4 0 0 1 7 1 8 0 0 0 1 0 0 10 0 .143 .172 .250 .422
1963 97 23 21 19 4 0 0 2 10 2 5 3 2 0 0 0 0 6 3 .190 .190 .476 .667
通算:8年 526 970 913 113 177 27 14 10 262 47 51 18 28 2 23 0 4 168 15 .194 .217 .287 .504

背番号[編集]

  • 51 (1956年 - 1957年)
  • 2 (1958年)
  • 12 (1959年 - 1960年)
  • 25 (1961年)
  • 31 (1962年 - 1963年)
  • 59 (1972年)
  • 86 (1973年 - 1975年)
  • 88 (1983年)
  • 82 (1988年 - 1989年)

関連項目[編集]