金伏ウーゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウーゴ (金伏ウーゴ)
Hugo Kanabushi
栃木ゴールデンブレーブス
Hugo Kanabushi, 5 Apl 2012.jpg
東京ヤクルト時代(2012年4月5日 鎌ヶ谷ファイターズスタジアム)
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
出身地 パラナ州アルト・パラナ
生年月日 (1989-05-22) 1989年5月22日(27歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 育成選手ドラフト2位
初出場 2012年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ブラジルの旗 ブラジル
WBC 2013年

金伏 ウーゴ(かなぶし ウーゴ、1989年5月22日 - )は、ブラジルパラナ州アルト・パラナ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。

2012年から2015年までNPB東京ヤクルトスワローズ2016年読売ジャイアンツ(巨人)へ所属。2012年と2016年には、名前の「ウーゴ」を登録名に使用していた[1]

日系三世[2]で、ブラジル国籍を有する。ただし、日本国内の大学(白鴎大学)に4年間在籍した後に、ドラフト会議でヤクルトへ入団した。そのため、NPBでは外国人枠が適用されず、日本人選手と同じ扱いを受けている。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

5歳から野球を始め、14歳の時に硬式野球世界大会のブラジル代表に4度選出された。2004年に日本で開催された大会では、団体3位、個人ではベストナインに選出され、その活躍をスカウトに認められ来日した[2]

しかし、佐野日大高では寮生活に馴染めず、さらに2年時に左肘の手術を経験した。結局、公式試合での登板は無いまま、高校生活を終えてしまう[2]。ちなみに、2016年から巨人でチームメイトになる澤村拓一は1年先輩で、在学中に寮での相部屋生活を経験している[1]

高校卒業後は、白鴎大学に進学し、関甲新学生野球連盟に加盟する同校野球部に入部した。2年時春の全日本大学野球選手権大会で全国マウンドを経験した。4年時の春に初勝利を挙げ、秋には1部リーグ優勝を果たした[3]

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議東京ヤクルトスワローズから育成2位指名を受けた。白鴎大学は部員数50人程度とそれほど大きくない野球部であったが、2011年のドラフトでは塚田正義ソフトバンクから、岡島豪郎楽天から指名を受け、一挙に3選手が指名を受けた[4]

東京ヤクルト時代[編集]

2012年には、育成選手として開幕を迎えたが、7月30日支配下選手契約へ移行[5]10月3日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)で、2番手投手として一軍デビューを果たした。シーズン終了後には、チームメイトで自身と同じブラジル出身の松元ユウイチラファエル・フェルナンデスとともに、第3回WBCブラジル代表に選出された[6][7]

2013年には、福岡ヤフオクドームでの第3回WBC 1次リーグA組(福岡ラウンド)のうち、3月3日キューバ]戦と5日中国戦に救援で登板。しかし、大会終了・NPBシーズン開幕後の7月17日に、左肘内側側副靱帯の再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた[8]。その影響で、2014年までの2年間は、一軍公式戦への登板機会がなかった。

2015年には、7月28日の対広島東洋カープ戦(神宮球場)で、4番手投手として自身3年振りの一軍公式戦登板を果たした[9]。しかし、一軍での登板機会はこの1試合のみで、10月2日に球団から戦力外通告を受けた[10]

巨人時代[編集]

2015年11月10日12球団合同トライアウト草薙球場)へ参加したところ、ストレートで最速146km/hを計測したほか、シートバッティング形式による打者3人との対戦を三者凡退で終えた[11]。この結果を受けて、読売ジャイアンツでは同月13日に、ウーゴを育成選手として契約。契約後には、「ウーゴ」を登録名に用いることや、背番号025を着用することを発表した[1]。金伏がNPBの球団と育成契約を結んだうえで、名前の「ウーゴ」で登録するのは、2012年のヤクルト入団時以来4年振りである。

2016年には、3月28日付で長谷川潤と共に支配下選手登録。背番号も95に変更したが、一軍公式戦での登板には至らず、10月2日に球団から戦力外通告を受けた[12]

巨人退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していることから、2016年11月12日には、2年連続で12球団合同トライアウトに参加。前年と同じ形式の対戦で、打者3人に対して、1奪三振1被安打1与四球という結果を残した[13]。2016年12月2日、独立リーグベースボール・チャレンジ・リーグに来年度から参加する栃木ゴールデンブレーブスへの入団が発表された[14]

選手としての特徴・人物[編集]

左腕から投げ込む最速148km/hのストレートが持ち味[15]。コントロールは荒い[16]。球種はカーブスライダーチェンジアップ[17]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 ヤクルト 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 6 0.2 0 0 4 0 0 0 0 0 1 1 13.50 6.67
2015 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 9 1.0 4 0 1 0 0 0 0 0 4 4 36.00 5.00
通算:2年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 15 1.2 4 0 5 0 0 0 0 0 5 5 27.00 5.63
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 119 (2012年 - 2012年7月29日)
  • 91 (2012年7月30日 - 2015年)
  • 025 (2016年 - 同年3月27日)
  • 95 (2016年3月28日 - 同年終了)

登録名[編集]

  • ウーゴ (2012年、2016年 - )
  • 金伏 ウーゴ(かなぶし うーご、2013年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c ウーゴ選手と育成契約”. 読売ジャイアンツ公式サイト (2015年11月13日). 2015年11月13日閲覧。
  2. ^ a b c “パラナ=三世金伏ウーゴ選手がヤクルト育成枠に”. ニッケイ新聞 (ニッケイ新聞社). (2011年3月15日). http://www.nikkeyshimbun.com.br/nikkey/html/show/120315-71colonia.html 2012年5月17日閲覧。 
  3. ^ “白鴎大3選手のドラフトある/関甲新学生”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年10月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2011/news/p-bb-tp0-20111017-850955.html 2011年11月8日閲覧。 
  4. ^ 週刊ベースボール 2011年11月4日号 ベースボール・マガジン社発行
  5. ^ “ヤクルト ブラジル出身ウーゴを支配下登録l”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年7月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/30/kiji/K20120730003794330.htm 2013年2月28日閲覧。 
  6. ^ “ヤクルト・ユウイチ「今季のことよりWBC」 母国の将来のため戦う”. ZAKZAK (産経デジタル). (2013年2月15日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/GaTSx 2013年2月25日閲覧。 
  7. ^ “WBC伯国代表決定 日系12人を含む28人”. サンパウロ新聞 (サンパウロ新聞社). (2012年12月9日). http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/11249/menu/19/cat/8 2013年11月9日閲覧。 
  8. ^ “ヤクルト・金伏ウーゴが、左肘手術を無事終了”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2013年7月17日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130718/swa13071819490001-n1.html 2013年8月23日閲覧。 
  9. ^ “2015年7月28日(火)東京ヤクルトvs 広島 出場成績 ”. 東京ヤクルトスワローズ. (2015年7月28日). http://www.yakult-swallows.co.jp/game/stats/2015072802 2015年11月6日閲覧。 
  10. ^ “ヤクルトが8選手に戦力外通告”. 朝日新聞. (2015年10月3日). http://www.asahi.com/articles/ASHB26GZ5HB2UTQP02Y.html 2015年10月8日閲覧。 
  11. ^ “2015年合同トライアウト速報”. 日刊スポーツ. (2015年11月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1562569.html 
  12. ^ 来季の契約について”. 読売巨人軍公式サイト (2016年10月2日). 2016年10月3日閲覧。
  13. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv 2016年11月13日閲覧。 
  14. ^ 新入団・移籍選手のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブス(2016年12月2日)
  15. ^ “ヤクルト育成枠に日系3世金伏/ドラフト”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年10月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2011/news/f-bb-tp0-20111027-855597.html 2011年11月8日閲覧。 
  16. ^ “2011年ドラフトヤクルト育成2位指名”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). http://www.sponichi.co.jp/baseball/npb/2011/draft/profile/kanabushi-hugo.html 2011年11月8日閲覧。 
  17. ^ ウーゴ投手が支配下登録! 「早く一軍のマウンドに」”. ヤクルトスワローズ公式サイト (2012年7月30日). 2013年11月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]