古川明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古川 明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県
生年月日 (1946-09-14) 1946年9月14日(72歳)
身長
体重
178 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1967年 ドラフト外
初出場 1971年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

古川 明(ふるかわ あきら、1946年9月14日 - )は、千葉県出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

銚子商業高校から社会人野球西濃運輸を経て、1967年ドラフト外サンケイアトムズに入団するも、一軍出場はならず同年オフに自由契約となる。

1969年は、中南米に設立されたグローバルリーグの東京ドラゴンズに参加するが、現地に赴く前に退団した。投手として大洋ホエールズのテストを受けたが失敗。下手投げであった古川をロッテオリオンズ打撃投手として採用する。

1970年、そのロッテで現役に復帰。ある時[いつ?]、人手不足の際、三塁を守り、うまい守備を見せ、俊足ぶりも披露。1971年にはジュニアオールスターに出場し、一軍でも俊足を活かした代走として起用される。8月6日には西武ライオンズを相手に、八番打者、三塁手として初の先発出場を果たすが、試合を決めるタイムリーエラーを記録してしまう。同年のオフに引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1971 ロッテ 18 2 2 6 0 0 0 0 0 0 10 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 18 2 2 6 0 0 0 0 0 0 10 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 79 (1968年)
  • 33 (1970年 - 1971年)

関連項目[編集]