広永益隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
広永 益隆
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県徳島市
生年月日 (1968-03-05) 1968年3月5日(50歳)
身長
体重
172 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1985年 ドラフト3位
初出場 1989年4月8日
最終出場 1998年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

広永 益隆(ひろなが やすたか、1968年3月5日 - )は徳島県出身の元プロ野球選手。右投げ左打ち。

通算34本塁打にもかかわらず、メモリアルアーチが多いことから「メモリアル男」あるいは「記憶より記録に残る男」と呼ばれた。

来歴・人物[編集]

徳島商業では四国屈指のスラッガーとして名を売り甲子園には4度出場。1985年プロ野球ドラフト会議にて南海ホークスから3位指名を受けて入団。

球団が福岡ダイエーホークスへと変わった4年目の1989年に初めて一軍に昇格、代打を中心に活躍。日本ハムファイターズとの開幕戦で迎えたプロ初打席では杉浦忠監督の代打起用に応え当時の日本ハムのエース・西崎幸広から逆転3点初打席初本塁打を放つ。この一打は、福岡ダイエーホークス球団史上第1号であると同時に、パリーグ平成第1号でもあった[1]。監督が田淵幸一に代わった1990年には規定打席未満ながら打率.313をマーク。同年9月26日オリックス戦で日本プロ野球通算6万号となる本塁打を放つ。1992年6月6日西武戦ではパ・リーグ通算3万号を放ち、同年10月1日の近鉄バファローズ戦で野茂英雄から放ったソロ本塁打は平和台野球場のプロ野球公式戦としての最後の本塁打となった(ルーキー若田部健一が1-0の完封勝利)[2]。しかし、1993年にチームの本拠地が福岡ドームになってから本塁打数が減少した。

1994年シーズン途中、金銭トレードでヤクルトスワローズへ移籍、代打の切り札として活躍。1995年のリーグ優勝に大きく貢献し野村克也を胴上げ、1996年8月の東京ドームでの読売ジャイアンツ戦で斎藤雅樹が通算150勝記録した試合でも代打本塁打を放った。

1997年シーズン途中、馬場敏史岩崎久則との交換トレード小倉恒とともにオリックス・ブルーウェーブへ移籍。1998年7月7日、当時連敗記録(16連敗)を続けていたロッテとの試合で、同点で迎えた延長12回裏に近藤芳久から代打サヨナラ満塁本塁打を放ち(ヤクルト時代の1995年にも代打サヨナラ本塁打を放っており、史上2人目の両リーグ代打サヨナラ本塁打記録者となっている。また、このときは五十嵐章人の代打として登場した藤本博史の代打であり、代打の代打によるサヨナラ本塁打はパリーグ史上初)、ロッテの連敗が17になり、日本プロ野球の連敗記録を62年ぶりに塗り替えた。しかし、1999年には一軍出場がなく、この年限りで現役を引退した。

引退後は、香川県高松市に本拠地を置く社会人野球アークバリアドリームクラブの総監督を務めた。また、マスターズリーグの初年度には福岡ドンタクズに所属していた。現在は、地元四国の少年野球チームを指導している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 ダイエー 35 49 47 11 14 4 0 4 30 15 0 0 0 0 2 1 0 17 1 .298 .327 .638 .965
1990 80 217 198 27 62 11 1 8 99 23 1 2 2 0 15 0 2 49 8 .313 .367 .500 .867
1991 91 161 138 25 32 4 0 8 60 25 0 0 0 2 21 1 0 40 3 .232 .329 .435 .764
1992 81 171 153 13 27 4 1 6 51 18 0 1 0 0 18 0 0 48 0 .176 .263 .333 .596
1993 19 25 23 0 4 1 0 0 5 3 0 0 0 0 2 0 0 11 1 .174 .240 .217 .457
1994 ヤクルト 44 49 42 1 10 2 0 1 15 2 0 0 0 0 7 0 0 14 2 .238 .347 .357 .704
1995 39 52 47 3 9 1 0 2 16 9 0 0 0 0 5 1 0 15 0 .191 .269 .340 .610
1996 20 32 29 5 11 1 1 2 20 10 0 0 0 0 3 1 0 7 0 .379 .438 .690 1.127
1997 5 5 5 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .200 .200 .200 .400
オリックス 8 11 9 1 2 0 0 1 5 1 0 1 0 0 1 0 1 3 0 .222 .364 .556 .919
'97計 13 16 14 1 3 0 0 1 6 2 0 1 0 0 1 0 1 6 0 .214 .313 .429 .741
1998 41 56 50 4 11 1 0 2 18 9 0 0 0 1 4 0 1 16 3 .220 .286 .360 .646
通算:10年 463 828 741 90 183 29 3 34 320 116 1 4 2 3 78 4 4 223 18 .247 .321 .432 .753

記録[編集]

初記録
本塁打に関する記録

背番号[編集]

  • 47(1986年 - 1994年途中)[5]
  • 49(1994年途中 - 1997年途中)
  • 00(1997年途中 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ 同日予定されていた残りの2カード(西武対ロッテ、近鉄対オリックス)は共に雨天中止
  2. ^ 【10月1日】1992年(平4) さらば平和台…フィナーレを飾ったのはルーキーと記録男”. SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 2011年10月28日閲覧。
  3. ^ 【8月5日】2006年(平18) 外国人初!パスクチ、代打の代打サヨナラ弾スポーツニッポン2010年8月12日
  4. ^ 週刊ベースボール2014年6月30日号97ページ
  5. ^ 1994年は広永→ボビー・シグペンケビン・ライマーと3人の選手が付けることになる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]