佐々木重徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐々木 重徳
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県千葉市
生年月日 (1934-04-21) 1934年4月21日(85歳)
身長
体重
173 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1961年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐々木 重徳(ささき しげのり、1934年4月21日 - )は、千葉県出身の元プロ野球選手。右投右打で、ポジションは二塁手

来歴・人物[編集]

千葉第一高校では、1952年春季関東大会県予選決勝に進むが、船橋高に惜敗。夏も予選で敗れ甲子園には届かなかった。卒業後は明治大学に進学。東京六大学野球リーグでは1年上のエース秋山登を擁し、1953年秋季リーグの戦後初優勝を含め在学中2度の優勝を経験。大学同期に田村満(中退)、関口一郎荻孝雄横山昌弘がいた。

1955年に大学を中退し、国鉄スワローズへ入団。二年目の1956年には、レギュラー二塁手であった箱田淳三塁手に回り、その後継として定位置を獲得。初の規定打席(18位、打率.238)にも達するが、同年にチームで規定打席をクリアしたのは佐々木と鵜飼勝美の二人のみであった。1958年までレギュラー二塁手として活躍し、その後も内野のユーティリティプレイヤーとして起用されるが、1961年限りで現役を引退。現役時代は「巨人戦になると打った」と言われた[1]

妻の酒井佑子(本名:靖子)は防衛庁長官などを歴任した増原恵吉の三女。葛原妙子賞を受賞した歌人でもあり、またその叔母は沢村栄治の妻である[2]。妻の長姉がのちの丸井グループ名誉会長・青井忠雄に嫁いでいたため、引退後は丸井に入社。自らの人脈を用いて、秋山登土井淳バッテリーなど有名選手を新規開店イベントに招いた。のちに取締役、常勤監査役を務めた。

2009年11月29日、スワローズの元同僚であった根来広光の葬儀の席に現れて、金田正一弔辞を代読した[3]。2010年までスワローズOB会の副会長も務めていた[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1955 国鉄 7 10 9 3 1 0 0 0 1 0 2 0 0 0 1 0 0 0 1 .111 .200 .111 .311
1956 127 464 429 33 102 16 3 9 151 34 10 14 12 1 21 0 1 47 9 .238 .275 .352 .627
1957 110 426 377 36 92 10 1 8 128 48 16 10 4 7 34 0 4 47 4 .244 .313 .340 .653
1958 120 386 352 27 78 13 4 4 111 25 10 9 8 2 23 1 1 45 13 .222 .271 .315 .587
1959 101 278 256 21 63 14 1 0 79 22 2 4 3 2 17 0 0 27 8 .246 .293 .309 .602
1960 60 116 110 8 24 2 0 0 26 3 2 2 1 1 3 0 1 17 2 .218 .246 .236 .482
1961 9 6 6 1 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
通算:7年 534 1686 1539 129 360 55 9 21 496 132 43 40 28 13 99 1 7 186 37 .234 .283 .322 .606
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 43 (1955年 - 1956年)
  • 1 (1956年 - 1960年)
  • 17 (1961年)

脚注[編集]

  1. ^ 再出発、遅れてきた“中堅” 葛原妙子賞の酒井佑子さん
  2. ^ 同上
  3. ^ サンケイスポーツ 2009年11月30日付記事。
  4. ^ 週刊ベースボールプラス6 1950-2011 わが愛しのスワローズ 国鉄から始まった栄光の軌跡、ベースボール・マガジン社、2011年、P20

関連項目[編集]