渡邉大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡邉 大樹
東京ヤクルトスワローズ #49
161218 Daiki Watanabe.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県松戸市
生年月日 (1997-06-07) 1997年6月7日(20歳)
身長
体重
182 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2015年 ドラフト6位
年俸 510万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渡邉 大樹(わたなべ だいき、1997年6月7日 ‐ )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学生時代は千葉県松戸市の小金原ビクトリーで野球を始める。

中学3年時に200メートル走で全国大会に出ている[2]

専修大学松戸高等学校では1年秋から遊撃手のレギュラーに定着。3年次に第97回全国高等学校野球選手権大会に出場し2安打を放つも、1回戦で敗退。自身が最後の打者だった[3]。高校通算17本塁打[4]

2015年10月22日に行われた2015年ドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから6位指名を受け[4]11月19日に契約金2500万円、年俸500万円で合意し[5]12月11日に新入団選手発表が行われた [6]背番号49

プロ入り後[編集]

2016年、一軍公式戦の出場機会は無かったが、二軍公式戦において74試合に出場し、3本塁打、10打点、4盗塁、打率.256の成績を残す[7]11月25日から台湾で開催された2016アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBイースタン選抜に選出される[8]

2017年、5月はイースタン・リーグにおいて、打率.362、25安打と活躍。「スカパー! ファーム月間MVP賞」を受賞する[9]9月3日明治神宮野球場で行われた対広島戦において、代打として一軍公式戦出場を果たす。11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBイースタン選抜に選出される[10]。同大会への参加は前年に続き2度目となった。

選手としての特徴[編集]

高校通算17本塁打の大型遊撃手[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 ヤクルト 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

49 (2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月23日閲覧。
  2. ^ 2015年ドラフト ◇ヤクルト6位指名”. SponichiAnnex(アーカイブ). 2017年11月19日閲覧。
  3. ^ 第97回全国高校野球選手権大会 花巻東―専大松戸(1回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2015年8月7日). 2017年11月19日閲覧。
  4. ^ a b c ヤクルト6位・渡辺 池山2世期待も…”. デイリースポーツ (2015年11月5日). 2017年11月19日閲覧。
  5. ^ ヤクルト6位渡辺が仮契約「早く1軍に上がりたい」日刊スポーツ 2015年11月19日配信
  6. ^ ヤクルト新入団選手発表会、6選手が気合のコメント”. 日刊スポーツ (2015年12月11日). 2017年11月19日閲覧。
  7. ^ 2016年度 東京ヤクルトスワローズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)”. NPB.jp. 2017年11月19日閲覧。
  8. ^ a b 2016アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2016年11月22日). 2017年11月19日閲覧。
  9. ^ 5月の「ファーム月間MVP賞」にヤクルト・渡辺、広島・バティスタ”. スポーツ報知 (2015年6月9日). 2017年11月19日閲覧。
  10. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月17日). 2017年11月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]