井上親一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
井上 親一郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県米子市
生年月日 (1918-09-08) 1918年9月8日(100歳)
身長
体重
167 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1950年
初出場 1950年
最終出場 1953年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井上 親一郎(いのうえ しんいちろう、1918年9月8日 - )は、鳥取県米子市[1]出身の元プロ野球選手捕手)、高校野球監督。右投右打。

来歴・人物[編集]

米子中では5年次の1935年の甲子園に捕手として春夏連続出場したが、いずれも初戦敗退に終わる。中学時代バッテリーを組んでいたのが清水秀雄である[1]。 卒業後慶應義塾大学野球部では、東京六大学で何度か首位打者争いを展開した。大学時代は中学の後輩である成田啓二の球を受けた[1]。リーグ通算61試合出場、190打数45安打、打率.237、1本塁打。

卒業後は帝王鉱業開発、大阪鉄道管理局とノンプロでプレー。終戦後は、1947年のみ母校・米子中で監督を務めた後、地元の米子鉄道管理局へ。

そして1950年国鉄球団結成に伴って入団、初代主将を務めた[1]。すでにベテランの域であり、代打で登場することが多かった。また、若き金田正一の上達を助けた。

引退後は高校野球解説者として地元でテレビ、ラジオに登場、わかりやすい解説で親しまれた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 国鉄 80 171 159 8 37 4 1 2 49 16 2 0 1 -- 10 -- 1 14 3 .233 .282 .308 .591
1951 44 55 55 1 15 4 0 0 19 7 1 0 0 -- 0 -- 0 3 4 .273 .273 .345 .618
1952 66 102 94 5 21 1 1 0 24 9 0 1 0 -- 8 -- 0 8 1 .223 .284 .255 .540
1953 44 95 92 4 21 4 0 1 28 2 0 1 0 -- 3 -- 0 7 3 .228 .253 .304 .557
通算:4年 234 423 400 18 94 13 2 3 120 34 3 2 1 -- 21 -- 1 32 11 .235 .275 .300 .575

背番号[編集]

  • 1 (1950年 - 1953年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、60ページ

関連項目[編集]