辻井弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
辻井 弘
Hiroshi Tsujii 1950 Scan10016.jpg
1950年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 1917年4月21日
没年月日 (1993-03-17) 1993年3月17日(75歳没)
身長
体重
170 cm
63 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手外野手捕手
プロ入り 1946年
初出場 1946年
最終出場 1954年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

辻井 弘(つじい ひろし、1917年4月21日 - 1993年3月17日)は、京都府出身の野球選手。ポジションは内野手外野手捕手

来歴・人物[編集]

平安中学では捕手として1936年に春夏連続で甲子園に出場。春の選抜は準決勝に進むが、愛知商に敗退。夏の選手権は決勝で岐阜商に大敗、準優勝にとどまる。チームメイトに遊撃手木村進一がいた。

1937年早稲田大学へ進学。東京六大学野球リーグでは1939年春季リーグで優勝(1940年春季リーグは早法帝3校同率で優勝預かり)。1937年秋季リーグでは打率.391の好記録で首位打者を獲得した[1]

戦後の1946年パシフィックへ入団[1]、開幕から三番打者、一塁手として起用される。1947年には右翼手に回り全試合に出場、初めて規定打席(35位、打率.231)に到達する。1948年は一塁手に戻り、青田昇小鶴誠山本一人川上哲治笠原和夫藤村富美男ら名選手たちと首位打者争いを演じた。同年はリーグ4位の打率.298を記録する[1]

1950年に新たに誕生した広島カープへ移籍し、カープの初代主将となった[1]。同年は開幕から四番打者に座り、いずれもチーム2位となる打率.294(リーグ17位)、67打点と活躍。1951年阪田清春に代わり捕手に回る。 1952年国鉄スワローズへ移籍。ここでも外野手、一塁手としてクリーンナップを任され、1953年には主に三番打者として打率.264(20位)を記録。1954年限りで引退した。

プレースタイル[編集]

左右に広角に打ち分ける打撃を身上とした[2]

逸話[編集]

草創期の広島カープが財政的に厳しかったことから、宿泊費を削減するために、大阪遠征の際には若い選手を実家に宿泊させたことがあったという[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1946 パシフィック
太陽
大陽
72 309 269 35 72 9 2 3 94 27 10 2 2 -- 38 -- 0 24 -- .268 .358 .349 .708
1947 119 531 467 54 108 19 7 3 150 35 22 9 8 -- 51 -- 4 43 -- .231 .312 .321 .633
1948 125 511 467 44 139 22 5 2 177 41 18 13 4 -- 36 -- 4 24 -- .298 .353 .379 .732
1949 93 341 315 29 81 8 2 5 108 29 3 3 4 -- 17 -- 5 14 -- .257 .306 .343 .648
1950 広島 138 603 534 57 157 25 5 5 207 67 7 6 4 -- 56 -- 8 17 12 .294 .370 .388 .757
1951 94 393 350 30 90 18 3 2 120 30 3 4 8 -- 29 -- 6 15 6 .257 .325 .343 .668
1952 国鉄 92 296 259 20 59 9 2 6 90 44 5 2 4 -- 24 -- 9 14 3 .228 .315 .347 .663
1953 106 361 330 22 87 9 1 2 104 32 7 4 4 -- 24 -- 3 20 5 .264 .319 .315 .634
1954 70 216 200 12 44 2 2 1 53 16 4 0 5 0 11 -- 0 13 2 .220 .261 .265 .526
通算:9年 909 3561 3191 303 837 121 29 29 1103 321 79 43 43 0 286 -- 39 184 28 .262 .330 .346 .676
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • パシフィックは、1947年に太陽(太陽ロビンス)に、1948年に大陽(大陽ロビンス)に、球団名を変更

背番号[編集]

  • 2 (1946年 - 1947年)
  • 12 (1948年 - 1949年)
  • 3 (1950年 - 1951年)
  • 10 (1952年 - 1954年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d カープ50年 夢を追って、中国新聞社、1999年11月、P46
  2. ^ a b 『広島東洋カープ60年史 -躍動!赤ヘル軍団-』37頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]