大久保英男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大久保 英男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県鳴門市
生年月日 (1932-09-13) 1932年9月13日(86歳)
身長
体重
169 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1952年
初出場 1953年
最終出場 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大久保 英男(おおくぼ ひでお、1932年9月13日 - )は、徳島県鳴門市[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

来歴・人物[編集]

鳴門高等学校では、遊撃手、控え投手として甲子園に2回出場。1950年夏の選手権では、投の二本柱である近藤義生(慶大三菱重工神戸-全鐘紡)、栗橋博(法大)の好投もあって決勝まで進むが、松山東高に敗退[2]。この試合では栗橋をリリーフして甲子園初登板も果たす。1951年春の選抜でも栗橋を主戦として勝ち進む。決勝ではエース中田昌宏を擁する鳴尾高との接戦を制し初優勝を飾った[3]。同年夏は南四国大会準決勝で高知商に敗退。他のチームメートに三塁手日野美澄がいる。

1952年国鉄スワローズへ入団[1]1953年には一軍に定着し、22試合に遊撃手として先発出場。中村栄渡辺礼次郎と定位置を争い、1955年にはレギュラーを獲得、1957年までポジションを守った。1958年は31試合の出場に留まり、同年限りで引退した[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1953 国鉄 43 83 76 6 12 3 2 0 19 6 3 1 1 -- 6 -- 0 16 1 .158 .220 .250 .470
1954 37 63 56 9 9 1 1 0 12 6 2 0 2 2 3 -- 0 12 2 .161 .203 .214 .418
1955 117 352 316 36 65 11 1 6 96 23 21 10 8 1 24 0 3 55 2 .206 .268 .304 .572
1956 110 269 247 18 45 6 3 1 60 15 6 10 3 2 13 0 4 39 2 .182 .235 .243 .478
1957 104 250 233 19 50 9 2 0 63 15 12 8 5 1 10 0 1 25 5 .215 .250 .270 .520
1958 31 45 42 4 8 2 0 0 10 2 1 2 3 0 0 0 0 5 1 .190 .190 .238 .429
通算:6年 442 1062 970 92 189 32 9 7 260 67 45 31 22 6 56 0 8 152 13 .195 .245 .268 .513

背番号[編集]

  • 41 (1952年)
  • 9 (1953年 - 1958年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、99ページ
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年