高橋一正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 一正
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県倉敷市
生年月日 (1980-05-23) 1980年5月23日(38歳)
身長
体重
180 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト6位
初出場 1999年8月11日
最終出場 2001年5月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高橋 一正(たかはし かずまさ、1980年5月23日 - )は、岡山県倉敷市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

明徳義塾高時代には寺本四郎のリリーフ投手として活躍(なお、野球部の同期としてプロレスラー関本大介もいた)。1998年の夏の甲子園では2回戦の金足農業高校戦では完投勝利。準決勝では松坂大輔を擁する横浜高校相手に、2番手として8回途中から登板するも、横浜の終盤の集中打に屈し、惜しくもサヨナラで敗退となった(明徳義塾対横浜)。同年のドラフト会議でヤクルトスワローズから6位指名を受け入団。

プロ入り後はその投球フォームから高津2世として期待され、1年目の1999年から中継ぎとして登板。

松井秀喜5打席連続敬遠が起きた時に小学校6年生だった高橋は、「自分はプロに入って松井と勝負したい」と思い、岡山より明徳へ野球留学をし、3年時甲子園に控え投手として出場。98年のドラフトに指名されヤクルトスワローズに投手として入団。プロ1年目の1999年10月5日対巨人戦の登板で松井が打席に立ち念願の勝負する時が来たが、当時はヤクルトのロベルト・ペタジーニと松井秀喜の本塁打王争いの渦中だったため、ベンチの指示により高橋は松井を敬遠する投球をすることになった。

2年目の2000年には31試合に登板する。 しかし、その年を境に登板数が減少、3年目2001年フレッシュオールスターゲームイースタン・リーグ選抜として出場し1歳下の同僚米野智人とバッテリー組み救援勝利、4年目2002年に突然解雇される。後に取材に語ったところによると、フォームの固まらない早い段階で一軍を経験した事で、2年目以降焦りが生じ、調整が上手くいかなかったらしい。解雇の前には、ストライクが入らない状態だったという。12球団合同トライアウト近鉄の入団テストを受験するもののプロでの獲得球団はなかったが、知人の紹介で日立製作所に入団が決まる。

日立製作所では、前年に元横浜斉藤肇投手が大車輪の活躍を見せていたことから、2人目の元プロ投手として大いに期待がかけられ、本人も2年後のプロ再入団を目指して張り切っていたが、右肩痛などに悩まされ、社会人でも登板機会は1年目をピークに減少し、2005年シーズンをもって退部となった。

その後三軒茶屋で居酒屋の店長を経営している状況を、元東京ヤクルトスワローズの古田プレーイングマネージャーの秘書小森孝憲ブログでも紹介されたが、現在は居酒屋も退職した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 ヤクルト 11 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 51 14.0 5 0 9 0 0 10 0 0 3 3 1.93 1.00
2000 31 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 125 28.2 29 3 12 1 3 17 0 1 14 13 4.08 1.43
2001 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 2.0 1 1 1 0 1 0 0 0 1 1 4.50 1.00
通算:3年 43 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 183 44.2 35 4 22 1 4 27 0 1 18 17 3.43 1.28

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40 (1999年 - 2002年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]