渡邉恒樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2016年9月
渡邉 恒樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県所沢市
生年月日 (1978-05-17) 1978年5月17日(39歳)
身長
体重
176 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト2巡目
初出場 2005年6月1日
最終出場 2012年5月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渡邉 恒樹(わたなべ こうき、1978年5月17日 - )は、埼玉県所沢市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。東京ヤクルトスワローズ時代の登録名は「渡辺 恒樹」(読み同じ)だった。2013年よりヤクルトの打撃投手を務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼稚園の時に熱烈な読売ジャイアンツファンだった父親の影響で野球(キャッチボール)を始める。所沢市立若松小学校2年生では少年野球チーム「若松サンダース」に入団し、所沢市立中央中学校では市の運営する硬式中学野球クラブ「所沢ボーイズ」に入部して2番手投手となる。卒業後は相洋高等学校に進学し、投手として3年春に県大会で準優勝を果たす。東京農業大学では、4年秋に東都大学リーグ2部で優勝し、通算17勝15敗の成績を残した。

大学卒業後はNTT東日本に入社し、4年連続で都市対抗野球大会に出場した。2004年社会人野球日本選手権大会では野間口貴彦シダックス)・能見篤史大阪ガス)と優秀選手賞を受賞した。

2004年のドラフト会議において、新規参入の東北楽天ゴールデンイーグルスから2巡目で指名を受け、入団。背番号は18

楽天時代[編集]

2005年6月1日の対横浜戦でプロ初登板を果たしたが、これは先発の山村宏樹が初回に1イニング4被本塁打を喫し、1死も取れずにKOされたのを受けた緊急登板だった。6月12日の対広島戦で、同点で迎えた6回表1死に救援登板し、三塁のルイス・ロペスの失策で緒方孝市を出塁させたが、その緒方を牽制球で刺して2死とする。続く木村拓也に四球を与えるも、木村の盗塁失敗により3死となった。その裏の攻撃で楽天が決勝点を挙げたため、幸運なプロ初勝利が転がり込んだ。打者1人も打ち取らずに勝利投手となっているので、「こんなんでいいのかな」と感想をもらした[1][2]。この年は17試合に登板し、1勝2敗、防御率1.93の成績を残した。オフにはフェニックスリーグに参加し、優勝(楽天は5勝1敗4引き分けで1位)を経験した。

2006年は、監督就任直後の野村克也から「オープン戦で自分からマウンドへ行って投手交代を告げるのは初めて」と言われるほど結果を残せず、二軍スタートとなる。8月11日に一軍登録し、当日の対埼玉西武ライオンズ戦でシーズン初登板。以降シーズン終了まで二軍に落ちることはなかった。一軍登板は前年より減って15試合、防御率は3.06だった。フェニックスリーグではほぼ毎日投げ、使えるボールとしてシュートの手応えをつかみ、5試合(投球回15回)、防御率0.60の好成績を収めた。同年オフ、駒澤大学附属苫小牧高等学校から入団の田中将大に背番号18が与えられることになったのに伴い、背番号を34に変更。

2007年はプロ入り3年目で初めて、開幕からシーズン終了まで一軍登録された。4月3日の対日本ハム戦から6月3日の対広島東洋カープ戦まで22試合連続無失点を記録する大活躍でチームを支えた。後半戦は疲れもあり好調さを維持できなかったが、勝ち試合での左のリリーフとして有銘兼久とともに起用され、チームトップの15ホールドポイントを挙げた。65試合登板はリーグ最多の登板数であり、楽天球団の登板数では新記録である。

2008年は開幕2戦目にして腰のヘルニアのために離脱を余儀なくされ、手術をしなければならない可能性もあったが回避できて6月に一軍登録されたが、ヘルニアの影響で思うような成績が残せず、登録と抹消を繰り返した。翌2009年もヘルニアの影響からか、一軍戦登板はわずか4試合にとどまった。

2010年6月14日に鎌田祐哉とのトレード東京ヤクルトスワローズに移籍した。背番号は鎌田が着けていた48

ヤクルト時代[編集]

8月10日の対巨人戦で、同点の延長11回表、1死一、二塁で登板し、古城茂幸を1球で三ゴロ併殺打に打ち取り、その裏にチームがサヨナラ勝ちをしたため1球勝利投手を記録した。28試合に登板し、1勝1敗4ホールド。防御率4.61の成績でシーズンを終えた。2012年10月2日に球団から戦力外通告を受け[3]、そのまま現役を引退した。

現役引退後[編集]

引退後は打撃投手としてチームに留まった[4]2013年WBCに打撃投手として参加した。

選手としての特徴[編集]

140km/h前後から半ばのストレートと、スライダーカットボールカーブスクリューシュートなどの変化球を投げ分ける。2006年のシーズン中から2007年にかけて新球を複数習得し、大幅に球種を増やした。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 楽天 17 0 0 0 0 1 2 0 0 .333 110 28.0 19 1 12 1 0 23 4 0 7 6 1.93 1.11
2006 15 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 77 17.2 20 3 6 0 0 8 1 0 7 6 3.06 1.47
2007 65 0 0 0 0 3 4 0 12 .429 204 45.0 45 2 18 1 6 33 3 0 21 17 3.40 1.40
2008 14 0 0 0 0 0 2 0 3 .000 34 6.2 9 1 7 0 0 3 0 0 7 7 9.45 2.40
2009 4 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 23 3.2 11 2 0 0 1 1 0 0 6 6 14.73 3.00
2010 ヤクルト 28 0 0 0 0 1 1 0 4 .500 59 13.2 13 0 6 0 1 6 1 0 7 7 4.61 1.40
2011 13 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 68 16.1 15 0 4 0 3 9 1 0 10 9 4.96 1.17
2012 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 13 2.0 5 1 2 0 0 2 1 0 3 3 13.50 3.50
通算:8年 159 0 0 0 0 5 9 0 23 .357 588 133.0 137 10 55 2 11 85 11 0 68 61 4.13 1.44
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 18 (2005年 - 2006年)
  • 34 (2007年 - 2010年途中)
  • 48 (2010年途中 - 2012年)
  • 105 (2013年 - )

登録名[編集]

  • 渡邊 恒樹 (わたなべ こうき、2005年 - 2010年)
  • 渡辺 恒樹 (わたなべ こうき、2010年 - 2012年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 打者と対戦、投球しており、打者あるいは投球数0の勝利というわけではない。
  2. ^ 詳細は楽天イーグルス公式サイト Featured Players vol.7 渡邉恒樹
  3. ^ 来季の契約について - ウェイバックマシン(2014年4月20日アーカイブ分)東京ヤクルトスワローズ公式サイト(2012年10月2日)
  4. ^ 渡辺投手と福川選手について - ウェイバックマシン(2013年5月30日アーカイブ分)東京ヤクルトスワローズ公式サイト(2012年10月23日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]