遠藤政隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
遠藤 政隆
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都八王子市
生年月日 (1972-09-20) 1972年9月20日(45歳)
身長
体重
186 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1993年 ドラフト4位
初出場 1994年5月18日
最終出場 2007年8月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

遠藤 政隆(えんどう まさたか、1972年9月20日 - )は、東京都八王子市[1]出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福島県西白河郡西郷村生まれ[1]。幼い頃に東京都八王子市に移る。小学4年でリトルリーグ入りし、中学3年の時には全国大会で3位になった[1]アンジャッシュ渡部建とリトルリーグでチームメイトだった。 山梨県日本大学明誠高等学校を卒業後、社会人野球熊谷組へ入社。1993年ドラフト4位で中日ドラゴンズに入団[1]

プロ入り後[編集]

中日時代[編集]

1994年は1試合に先発した以外は全て中継ぎでの登板でこの年は全体でも13試合に登板し防御率4.56を記録した。

1995年は4試合全て先発したが、一度も勝利投手になれなかった。また、1A・バイセイリア・オークスに野球留学した。

1996年は一軍に定着し、49試合に登板して8勝4敗1セーブをマークした。この年は、主に中継ぎとしての起用だったが、谷間の先発も務め初完封勝利も記録した。

1997年はチームの本拠地がナゴヤドームに変わった。この年も2試合に先発した以外は全てリリーフで起用された。40試合で2勝4敗1セーブをマークしたが、防御率5点台と安定感を欠いた。オフにプロ野球脱税事件に関与し、脱税額か少なかったこともあり起訴猶予になり、球団から翌年の開幕から3週間試合出場停止処分が下された。

1998年は前述した前年オフの脱税事件で開幕から3週間試合出場停止となり、最終的に15試合の登板に留まった。

1999年はわずか1試合の登板に終わった。

2000年も安定感を欠き、6試合の登板に終わり、防御率も12.46だった。

2001年は不振を脱却し、中継ぎとして40試合に登板し、4勝2敗、防御率3.91の成績を残した。

2002年は自己最多の57試合に登板し、防御率3.14をマークした。

2003年は前年より34試合と登板数を減らしたが、防御率2点台の好投を見せた。

2004年は不調で22試合の登板に終わった。この年は新監督に落合博満が就任し、チームも5年ぶりにリーグ優勝したが、自身は全く力になれなかった。

2005年もチームは優勝争いをしたが13試合の登板に終わった。

2006年は二軍では最多セーブだったが、岡本真也平井正史などリリーフ陣が充実し、初めて一軍登板なしに終わった。チームの2年ぶりのリーグ優勝が決まった後の10月13日に球団から戦力外通告を受けた。その後12球団合同トライアウトを受け、東京ヤクルトスワローズへ移籍した。

ヤクルト時代[編集]

2007年は開幕を一軍で迎え、中日時代同様主に中継ぎで登板し、ロングリリーフもこなせることから首脳陣からの信頼も厚かった。4月22日の中日戦で、2番手で登板し移籍後初勝利を、7月1日の中日戦で、4番手で登板し移籍後初セーブを挙げるなど、古巣相手に印象的な活躍を見せた。最終的に38試合に登板し、2勝5敗2セーブ4ホールドを記録したが防御率4.09と安定感を欠いた。

2008年は一軍登板はなく、10月7日に東京ヤクルトスワローズから戦力外通告を受けた。その後は12球団合同トライアウトに参加し、韓国の数球団が興味を示すが、子どもが小さいことも鑑みて現役引退。

現役引退後[編集]

引退して間もなく、自宅のある名古屋に戻りトヨタ自動車系列のディーラーに就職してレクサス販売店で営業マンとして勤務していた[2]がその後退社、中日ドラゴンズ球団職員となり野球振興スタッフ(軟式担当)を務める。

選手としての特徴・人物[編集]

制球には難があったが、調子の良いときは150km/h近くの速球と「ゴリスラ」と呼ばれるブレーキ鋭いスライダー打者を翻弄。ファームではクローザーを担った。

大洋ホエールズ遠藤一彦とは従兄にあたる[1]。中日時代は彼と同じく背番号が「24」だった。

死球に関するエピソードが多い。ヤクルトに移籍した2007年4月19日の横浜戦で、7回表に代走で出場した石川雄洋が大量得点差にも関わらず、盗塁(プロ初)したため、その報復として内川聖一に故意と思われる死球を投げた。さらに後続の村田修一に投じた変化球がすっぽ抜け、頭部死球となったことから乱闘騒ぎとなる。この試合は警告試合となった。遠藤は、「10年以上やっているから、やっていい事と悪いことはわかる」とし、内川の死球はやむをえないが、次の打者には絶対にぶつけてはいけなかったと述べ、村田にぶつけてしまったことにはプロとして反省していると述べた。また、6月11日東北楽天ゴールデンイーグルス戦においてもリック・ショート山崎武司に対して死球を与え、警告試合になっている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1994 中日 13 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 98 23.2 20 3 13 0 0 19 1 0 12 12 4.56 1.39
1995 4 4 0 0 0 0 1 0 -- .000 97 21.0 25 5 10 0 2 11 2 0 16 16 6.86 1.67
1996 49 3 1 1 0 8 4 1 -- .667 300 70.1 56 6 37 3 1 73 5 0 33 30 3.84 1.32
1997 40 2 0 0 0 2 4 1 -- .333 273 56.2 61 7 40 2 7 51 3 3 36 33 5.24 1.78
1998 15 0 0 0 0 2 0 2 -- 1.000 79 18.0 15 0 9 1 2 20 3 0 6 6 3.00 1.33
1999 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 16 3.0 5 1 3 0 0 0 0 0 5 5 15.00 2.67
2000 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 51 8.2 15 1 10 0 0 7 0 1 12 12 12.46 2.88
2001 40 0 0 0 0 4 2 0 -- .667 233 53.0 47 5 28 1 5 60 5 0 23 23 3.91 1.42
2002 57 0 0 0 0 4 2 0 -- .667 293 71.2 61 9 18 1 2 77 4 0 26 25 3.14 1.10
2003 34 0 0 0 0 2 2 0 -- .500 175 41.1 33 5 14 0 4 41 0 0 14 13 2.83 1.14
2004 22 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 111 25.2 26 11 9 0 0 30 1 0 20 20 7.01 1.36
2005 13 0 0 0 0 2 1 0 0 .667 63 14.2 12 1 7 1 1 15 2 0 12 12 7.36 1.30
2007 ヤクルト 38 0 0 0 0 2 5 2 4 .286 197 44.0 42 5 20 1 6 28 1 0 21 20 4.09 1.41
通算:13年 332 10 1 1 0 28 21 6 4 .571 1986 451.2 418 59 218 10 30 432 27 4 236 227 4.52 1.41
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 43 (1994年 - 1998年)
  • 24 (1999年 - 2006年)
  • 11 (2007年)
  • 47 (2008年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、93ページ
  2. ^ 中日スポーツ 2009年01月16日紙面 元セットアッパー挨拶回り 遠藤政隆さん

関連項目[編集]

外部リンク[編集]