高屋俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高屋 俊夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 (1938-12-28) 1938年12月28日(81歳)
身長
体重
176 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1957年
初出場 1957年
最終出場 1960年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高屋 俊夫(こうや としお、1938年12月28日 - )は、埼玉県出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

大宮高校から1957年国鉄スワローズへ入団。同期に村田元一茂木忠之がいる。1年目から一軍で登板し、3年目の1959年には自己最多の25試合(うち先発2試合)に登板した。1960年までで通算32試合に登板したが、主にビハインドの場面で投げることが多く、勝利することは出来なかった。

監督が宇野光雄から砂押邦信に交代した1961年にはイースタン・リーグ最多勝を獲得したが、一軍で登板することはなくこの年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1957 国鉄 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 20 5.0 3 1 3 0 0 5 0 0 2 2 3.60 1.20
1958 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 5 0.1 2 0 1 0 0 0 0 0 3 1 9.00 9.00
1959 25 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 138 32.1 32 2 16 0 1 10 0 0 19 16 4.36 1.48
1960 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 23 4.0 9 0 1 0 0 4 0 0 7 5 11.25 2.50
通算:4年 32 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 186 41.2 46 3 21 0 1 19 0 0 31 24 5.14 1.61

背番号[編集]

  • 57 (1957年)
  • 32 (1958年 - 1961年)

関連項目[編集]