川崎成晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「川﨑成晃」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
川﨑 成晃
ロキテクノベースボールクラブ #64
Kawasaki nariaki.jpg
2013年7月18日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県垂水市
生年月日 (1986-03-30) 1986年3月30日(32歳)
身長
体重
182 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 ドラフト6位
初出場 2013年4月21日
最終出場 2015年8月13日
年俸 780万円(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

川﨑 成晃(かわさき なりあき、1986年3月30日 - )は、鹿児島県垂水市出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

垂水中学校では軟式野球部に所属。鹿児島商高では3年夏に県準優勝、高校通算20本塁打の強打で活躍する。

福岡大学では1年秋にDHで、2年秋に外野手で2度のベストナインを受賞。また2年秋は盗塁王も獲得した。

卒業後は鮮ど市場に入社した。青果部門の業務に携わりつつ、同社野球部の熊本ゴールデンラークスでプレー[1]2008年都市対抗野球では本塁打を放ち注目され、翌2009年沖縄電力の補強選手として都市対抗野球に出場、2010年にはアジア大会日本代表に選出された。

2010年10月28日、プロ野球ドラフト会議にて東京ヤクルトスワローズから6位指名を受けた。即戦力の外野手として期待されていた[2]

ヤクルト時代[編集]

2012年3月26日、群馬県館林市の病院で右肘内側側副靱帯(じんたい)再建手術を受けた[3]

一軍初出場は2013年4月21日の阪神タイガース戦。同月25日には初安打を記録し、同月28日には初スタメン出場を果たした。ただ、この年の一軍出場は11試合に終わった。

その後も2014年は14試合、2015年は13試合と出場機会に恵まれず、同年10月2日に球団から戦力外通告され現役を引退した[4]

社会人野球復帰[編集]

スワローズ退団後、社会人野球のロキテクノベースボールクラブに入団した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 ヤクルト 11 15 12 1 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 2 0 1 3 0 .250 .400 .333 .733
2014 14 14 13 3 3 0 0 0 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 .231 .286 .231 .516
2015 13 12 11 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .091 .167 .091 .258
NPB:3年 38 41 36 5 7 1 0 0 8 1 1 0 0 0 4 0 1 4 0 .194 .293 .222 .515

年度別守備成績[編集]



外野












2013 ヤクルト 7 8 0 1 0 .889
2014 6 5 0 0 0 1.000
2015 5 5 0 0 0 1.000
通算 18 18 0 1 0 .947

記録[編集]

背番号[編集]

  • 64 (2011年 - 2015年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]