八木亮祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
八木 亮祐
20130407 Ryousuke Yagi, pitcher of the Tokyo Yakult Swallows, at Meiji Jingu Stadium.JPG
ヤクルト時代
(2013年4月7日、明治神宮野球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県津島市
生年月日 (1990-09-29) 1990年9月29日(27歳)
身長
体重
180 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト2位
初出場 2012年8月4日
最終出場 2016年9月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

八木 亮祐(やぎ りょうすけ、1990年9月29日 - )は、愛知県津島市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校4年の時に友達から誘われて地元の少年軟式野球チーム「津島北クラブ」で投手として野球を始める[1]。小学校3年まではサッカー選手を目指していた[2]。投手を始めたのは小5の時だが、基本的には一塁手だった。

「愛知西リトルシニア」に所属し、ジャイアンツカップで優秀選手に選ばれた。その際に八木の噂を聞きつけた享栄高等学校の野球部監督の目に留まり、同校の野球部に進学する事となった。この監督は当時の八木の印象を「天性の肩の柔らかさ、肘のしなりは中学生離れしていて、将来はプロを狙える素材だと思いました。」と語っている。

享栄高等学校時代は、3年生の時の6月の練習試合で岐阜城北高校伊藤準規(現・中日)と投げ合って17奪三振を奪ったことで注目を集めた[3]。夏の西愛知大会2回戦の春日井西高校戦では5回参考記録ながら無安打無失点を達成し[4]、同3回戦の小牧南高校戦では16奪三振を記録した[5]

準々決勝で中京大中京に敗れ甲子園出場はならなかったが、最速141km/hの直球を武器に「東海のドクターK」[3]、「工藤二世」[4]と評される活躍を見せ、阪神[3]広島[4]中日[6]などが評価していた。2008年度ドラフト会議にて東京ヤクルトスワローズからに2巡目指名を受けて、契約金6000万円、年俸600万円(金額は推定[7])で入団。享栄高校からの東京ヤクルト及びその前身球団への入団は、金田正一(中退)以来となり、背番号も金田にあやかった34とされた[7]

ヤクルト時代[編集]

2009年から2011年まで一軍での登板はなし。左肩痛の影響で2010年は二軍登板すらなく、背番号も34から70へ変更。

2012年、二軍で先発ローテーションを守り続けた。8月4日の中日ドラゴンズ戦でプロ初登板初先発したが、3回0/3を3失点で降板した[8]。10月1日の読売ジャイアンツ戦で7回無失点の好投でプロ入り初勝利を挙げた[9]

2013年オーランド・ロマンの不調により、開幕3戦目である3月31日の阪神タイガース戦に代役先発。プロ入り初先発の藤浪晋太郎相手に7回無失点と投げ勝ち、シーズン初勝利を挙げた[10]。その後は先発ローテーションに定着し安定した投球を見せるも、打線の援護が少なかったこともあり、5月終了時点で防御率2点台ながら1勝と中々勝ち星が伸びなかった。他の先発陣が軒並み不調な中で小川泰弘と共に最後までローテーションを守りきり、最終的に規定投球回をクリアした。防御率と敗戦数は規定到達者の中でワーストだったが、初完封を記録する[11]など飛躍のシーズンとなった。

2014年、チーム事情からオープン戦より中継ぎへ転向し、勝利の方程式の一員として期待された[12]。しかし6試合で防御率5.87と振るわなかったことから、同じく結果を出せていなかったルーキーの秋吉亮と入れ替わりで、開幕早々先発に回る[13]。8月5日の阪神戦では2/3イニングで負傷降板したが、この時2アウトから野手のエラーで出塁していたランナーが、八木の降板後に決勝点のホームを踏んだため、被安打、自責点共に0で敗戦投手になった[14]。翌日左大腿部の肉離れと診断されたため登録抹消され[15]、一軍への復帰はシーズン最終盤の10月であった。

2016年は5月24日の阪神戦に先発し、1イニング4奪三振を記録するも、3回4失点と試合をつくれず敗戦投手となり[16]、ヤクルトでの登板はこの1試合にとどまった。

オリックス時代[編集]

2016年7月17日近藤一樹との交換トレードでオリックス・バファローズへの移籍が発表された[17]。背番号は近藤が着けていた「65」。 8月24日に出場選手登録され、9月3日の日本ハム戦(ほっともっと神戸)にディクソン塚原頌平の後を受けて救援登板するも、4回2失点で翌9月4日に出場選手登録を抹消され、オリックスでの2016年の登板はこの1試合にとどまった[18]

2017年は二軍で26試合に登板し、2勝0敗、防御率2.40を記録したが、一軍での登板はなく、10月2日に球団から戦力外通告を受けた[19]

選手としての特徴・人物[編集]

オーバースローから平均球速約139km/h[20]、最速149km/hのキレのいいストレートに、スライダーフォークチェンジアップを織り交ぜ[21]、100km/h台のスローカーブも駆使する[10]。一方で、制球力にばらつきがあるなど課題を残している。

プロ入り後のニックネームは「ヤギヤン」。これは上述の金田正一が「カネヤン」と呼ばれていた事に由来する[1]が、八木本人は活躍して金田に認められた後、そのように呼ばれることを希望している[2]。同期入団の赤川克紀に「AK」と言うニックネームをつけるなど仲が良く[2]、同じ高卒の左腕で「僕と赤川君の未来の左エース対決では絶対に負けません」と抱負を語るなどライバル心も抱いていた。

知り合いが貰ってきてくれた川上憲伸のサインを宝物にしている[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 ヤクルト 3 3 0 0 0 1 0 0 0 1.000 65 15.0 10 1 11 0 1 13 1 0 4 3 1.80 1.40
2013 26 26 1 1 1 5 13 0 0 .278 667 152.0 169 18 59 2 2 122 2 0 77 75 4.44 1.50
2014 23 17 1 0 0 5 6 0 2 .455 461 103.2 119 10 41 3 2 76 2 0 50 45 3.91 1.51
2015 2 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 47 10.0 14 2 3 1 0 5 1 1 7 7 6.30 1.70
2016 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 19 3.0 6 0 3 0 0 6 1 0 4 4 12.00 3.00
オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 18 4.0 7 1 1 0 0 2 0 0 2 2 4.50 2.00
'16計 2 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 37 7.0 13 1 4 0 0 8 1 0 6 6 7.71 2.43
通算:5年 56 49 2 1 1 11 22 0 2 .333 1277 287.2 325 32 118 6 5 224 6 1 144 136 4.25 1.54
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
  • 初勝利・初先発勝利:2012年10月1日、対読売ジャイアンツ24回戦(明治神宮野球場)、7回無失点5奪三振
打撃記録
  • 初安打:2013年4月28日、対読売ジャイアンツ6回戦(明治神宮野球場)、5回裏に内海哲也から左前安打
その他の記録

背番号[編集]

  • 34 (2009年 - 2010年)
  • 70 (2011年 - 2016年7月19日)
  • 65 (2016年7月20日 - 2017年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東京ヤクルトスワローズ公式サイト選手プロフィール2009年5月6日閲覧。
  2. ^ a b c d 東京ヤクルトスワローズ公式サイトルーキーの素顔★赤川投手、八木投手編2009年5月6日閲覧。
  3. ^ a b c デイリースポーツonline真弓阪神 将来性抜群の享栄・八木獲得へ2009年5月6日閲覧。
  4. ^ a b c スポニチウェブサイト“工藤2世”に9球団集結!5回ノーヒッター2009年5月6日閲覧。
  5. ^ デイリースポーツonline超新星だ!享栄・八木16K無四球完封2009年5月6日閲覧。
  6. ^ 日刊スポーツウェブサイト享栄・八木連続無失点継続中/西愛知大会2009年5月6日閲覧。
  7. ^ a b 『日刊スポーツ』2008年11月23日付け紙面による。
  8. ^ “【ヤクルト】八木初登板も4回持たずKO”. 日刊スポーツ. (2012年8月4日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120804-995315.html 2014年5月19日閲覧。 
  9. ^ “ヤクルト八木プロ1勝!CS奇襲先発ある”. 日刊スポーツ. (2012年10月2日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20121002-1026302.html 2014年5月19日閲覧。 
  10. ^ a b “ヤクルト八木 黄金ルーキーに投げ勝った「自分なんて…」”. スポニチSponichi Annex. (2013年4月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/01/kiji/K20130401005518960.html 2013年4月12日閲覧。 
  11. ^ “ヤクルト 八木 プロ5年目初完封「8、9回は未知の領域でした」”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年7月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/03/kiji/K20130703006139040.html 2014年5月19日閲覧。 
  12. ^ “ヤクルト6回から必勝方程式 昨季は6、7回大量失点”. スポニチ Sponichi Annex. (2014年3月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/27/kiji/K20140327007855140.html 2014年12月27日閲覧。 
  13. ^ “ヤクルト ローテ再編 八木が先発、ルーキー秋吉は中継ぎ”. スポニチ Sponichi Annex. (2014年4月15日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/04/15/kiji/K20140415007975740.html 2014年12月27日閲覧。 
  14. ^ “ヤクルト・八木、被安打0&自責0で黒星”. サンケイスポーツ. (2014年8月6日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140806/swa14080605010003-n1.html 2014年12月27日閲覧。 
  15. ^ “ヤクルト痛っ!八木 左大腿部肉離れと診断…今季中の復帰絶望的”. スポニチ Sponichi Annex. (2014年8月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/08/06/kiji/K20140806008698420.html 2014年12月27日閲覧。 
  16. ^ “ヤクルト・八木 1イニング4奪三振の“珍記録”史上18人目”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2016年5月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/05/24/kiji/K20160524012649200.html 2017年6月19日閲覧。 
  17. ^ “トレード成立のお知らせ”. オリックス・バファローズ. (2016年7月17日). http://www.buffaloes.co.jp/news/detail/5552.html 2016年7月17日閲覧。 
  18. ^ “オリックス VS 日本ハム(20回戦 / ほっともっと神戸)”. https://news.infoseek.co.jp/baseball/score/2016090306 
  19. ^ 戦力外通告のお知らせ”. オリックス・バファローズオフィシャルサイト (2017年10月2日). 2017年10月2日閲覧。
  20. ^ 『2014 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2014年、190頁。ISBN 978-4-905411-17-8
  21. ^ “同期の赤川、日高、中村に追いつけ! 八木プロ初勝利”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年10月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/02/kiji/K20121002004240490.html 2013年4月26日閲覧。 
  22. ^ “選手プロフィール 八木亮祐”. http://www.yakult-swallows.co.jp/players/2013/070_yagi_r.html 2014年5月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]