奥薗満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奥薗 満
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿児島市
生年月日 (1951-07-26) 1951年7月26日(67歳)
身長
体重
175 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1969年 ドラフト外
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

奥薗 満(おくぞの みつる、1951年7月26日 - )は、鹿児島県出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴・人物[編集]

鹿児島商業高では、2年生の時、同期のエース徳重次男(日立製作所)とバッテリーを組み、1968年夏の甲子園に出場。1回戦で千葉商に敗退[1]。翌1969年夏の甲子園に連続出場。1回戦は宇都宮学園に完封勝ちするが、2回戦でこの大会に優勝した松山商に敗退した[1]

1969年ドラフト外アトムズに入団。当時のヤクルト捕手陣には大矢明彦八重樫幸雄らがおり、1980年までの11年間、ブルペン捕手としてチームを支え続けたが、一軍公式戦に出場する事なく引退。

引退後も1983年まではブルペン捕手として裏方に徹し、33歳にてスカウト転身。その後は、西武ライオンズの九州地区担当スカウトとして、赤田将吾などを発掘した。2009年12月からは球団編成部のアマチュア担当部長へ昇格。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

背番号[編集]

  • 70 (1970年)
  • 32 (1971年 - 1977年)
  • 59 (1978年 - 1980年)
  • 64 (1981年 - 1983年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]