寺田哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寺田 哲也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県宇都宮市
生年月日 (1987-04-02) 1987年4月2日(31歳)
身長
体重
183 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2014年 ドラフト4位
初出場 NPB / 2015年8月27日
最終出場 NPB / 2016年4月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

寺田 哲也(てらだ てつや、1987年4月2日 - )は、栃木県宇都宮市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

大学時代まで[編集]

栃木県宇都宮市出身。小学生時代から野球を始め、中学生の時には所属チームが第19回全国少年軟式野球大会に出場している[1]。小学生では投手、中学生時代は野手であった[1]

作新学院高校進学後は再び投手となる[1]。高校時代は3年生時に関東大会で優勝したが、甲子園大会には出場できなかった(2年生時の第76回選抜高等学校野球大会に作新学院高校は出場したが、寺田が登板する機会はなかった)[1]

作新学院大学に進学後は、4年生時に社会人野球のJR東日本東北東京ガスの練習に参加したことを契機に球速が向上した[2]。大学野球部コーチの紹介で新潟アルビレックス・ベースボール・クラブの入団テストを受けて合格し[2]、2010年のシーズンより加入した。

独立リーグ時代[編集]

新潟では3年目の2012年に最多勝と最多奪三振を獲得して最優秀選手に選ばれる。チームは初の年間総合優勝を果たし、香川オリーブガイナーズと対戦したグランドチャンピオンシップも寺田の2勝を含む3勝0敗で制し、独立リーグ日本一となった。しかし、この活躍にもかかわらずプロ野球ドラフト会議での指名はなかった。ドラフト指名をめざし、2013年も新潟の主力投手として最多勝・最優秀防御率を獲得したが、その年のドラフト会議でも指名を受けることができなかった[3]。シーズン終了後、当初は新潟県で開催されたボストン・レッドソックスのトライアウト受験で野球をやめるつもりであったが、トライアウト時の手応えからもう1年NPBにチャレンジすることを決意し、前年グランドチャンピオンシップで対戦した香川に移籍した[3]。香川を移籍先としたのは、NPBのドラフト指名者を多く輩出していることが理由だったという[3]

香川ではフォークボールも使うようになり[4]、最多奪三振のタイトルを獲得した。

2014年のNPBドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから4巡目で指名。契約金3,500万円、年俸1,000万円(金額は推定)という条件で入団した[5][6]。背番号は38。なお、入団交渉中の同年11月7日には、およそ7年間交際した一般女性との結婚を発表している[7][8][9]

ヤクルト時代[編集]

2015年には、5月9日にプロ入り後初の出場選手登録を果たす[10]が、一軍公式戦への登板機会がないまま同月13日にいったん登録を抹消[11]。8月26日に再び登録される[12]と、翌27日の対読売ジャイアンツ戦(明治神宮野球場)で、先発投手として一軍デビューを果たした。この試合では、5つの四死球を与えたものの、失点を許さないまま3回表で交代[13]。しかし、一軍公式戦への登板はこの試合だけにとどまった。

2016年には、一軍公式戦2試合に登板。4月6日の対広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)でシーズン初の先発登板を果たすが、2回途中6失点という内容で敗戦投手になった[14]ことから、この試合以降は一軍から遠ざかった。10月1日に、球団から戦力外を通告[15]。12月2日、自由契約公示された[16]

ヤクルト退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していることから、2016年11月12日には、阪神甲子園球場で開催の12球団合同トライアウトに参加。参加した42投手で最初に登板すると、シートバッティング形式の対戦ながら、打者3人全員から三振を奪った[17]

選手としての特徴[編集]

持ち球は、ストレート、カーブ、スライダー、シュート、チェンジアップ、フォーク。特に90キロ台を記録するスローカーブが特徴である。最速149キロの直球と50キロ以上の緩急がある[18][19]

新潟時代の監督で、ヤクルト投手コーチの高津臣吾は「体が丈夫で物おじしない。冷静に物事を見られるしリリーフでもやっていける」とドラフト後に評価している[20]

人物[編集]

釣りが趣味である[21][22]

中学の同級生に鮫島彩がいた。鮫島と「話したことはなかったけれど、同じ地元から世界一になっているし、僕も頑張りたい」と取材に答えた[23]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 ヤクルト 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 16 3.0 2 0 4 0 1 3 0 0 0 0 0.00 2.00
2016 2 1 0 0 0 0 1 0 1 .000 15 2.0 4 0 5 0 1 0 1 0 6 6 27.00 4.50
NPB:2年 3 2 0 0 0 0 1 0 1 .000 31 5.0 6 0 9 0 2 3 1 0 6 6 10.80 3.00

記録[編集]

NPB

独立リーグでの投手成績[編集]











































W
H
I
P
2010 新潟 25 6 9 0 5 2.67 148.1 588 139 4 93 26 10 52 44 11 0 5.65 1.11
2011 29 6 6 0 0 3.87 114 493 110 7 88 40 13 56 49 1 1 6.95 1.32
2012 24 14 4 0 4 2.60 166 669 145 9 145 36 4 58 48 3 0 7.86 1.09
2013 19 15 2 0 5 1.35 133 517 93 4 107 34 6 24 20 3 0 7.24 0.95
2014 香川 43 6 4 6 2 2.91 148.1 603 125 6 145 35 10 60 48 6 0 8.81 1.08
BCL:4年 94 41 21 0 14 2.62 561.1 2267 487 24 433 136 33 190 161 18 1 6.95 1.11
IBLJ:1年 43 6 4 6 2 2.91 148.1 603 125 6 145 35 10 60 48 6 0 8.81 1.08
  • 各年度の太字はリーグ最高

独立リーグでのタイトル[編集]

BCL
  • 最多勝:2回 (2012年、2013年)
  • 最優秀防御率:1回 (2013年)
  • 最多奪三振:1回 (2012年)
IBLJ
  • 最多奪三振:1回 (2014年)

背番号[編集]

  • 19 (2010年 - 2013年)[24]
  • 14 (2014年)[25]
  • 38 (2015年 - 2016年)

出典[編集]

  1. ^ a b c d 寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ) Vol.1 - 独立リーグドットコム(2014年12月6日)
  2. ^ a b 寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ) Vol.2 - 独立リーグドットコム(2014年12月8日)
  3. ^ a b c 寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ) Vol.3 - 独立リーグドットコム(2014年12月11日)
  4. ^ 寺田 哲也投手(香川オリーブガイナーズ) Vol.4 - 独立リーグドットコム(2014年12月13日)
  5. ^ “4位寺田と仮契約=プロ野球・ヤクルト”. 時事ドットコム. (2014年11月10日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201411/2014111000587 2015年1月15日閲覧。 
  6. ^ 寺田投手(ドラフト4位)と仮契約”. 東京ヤクルトスワローズ. 2015年2月20日閲覧。
  7. ^ “ヤクルト4位寺田、新妻は田中理恵さん似”. 日刊スポーツ. (2014年11月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2014/news/p-bb-tp0-20141108-1393424.html 2015年2月20日閲覧。 
  8. ^ “ヤクルトドラ4右腕が入団前に結婚 保育士と7年愛実らせた”. スポニチ. (2014年11月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/11/08/kiji/K20141108009246740.html 2015年2月20日閲覧。 
  9. ^ “燕D4・寺田が結婚!プロ1年目は「目標50試合登板」”. サンスポ. (2014年11月8日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20141108/swa14110805020001-n1.html 2015年2月20日閲覧。 
  10. ^ “ヤクルト 寺田を1軍登録”. 日刊スポーツ. (2015年5月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1473948.html 2015年8月29日閲覧。 
  11. ^ “ヤクルトが新垣を1軍登録、寺田を抹消”. 日刊スポーツ. (2015年5月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1475920.html 2015年8月29日閲覧。 
  12. ^ “ヤクルト、D4寺田が1軍昇格 岩橋を抹消”. サンスポ. (2015年8月27日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20150827/swa15082705000001-n1.html 2015年8月29日閲覧。 
  13. ^ “ヤクルト寺田プロ初登板3回無失点も5四死球で降板”. 日刊スポーツ. (2015年8月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1529272.html 2015年8月29日閲覧。 
  14. ^ “4月6日(水)広島 vs. ヤクルト 2回戦”. Yahoo! Sports. (2016年4月6日). http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2016040603/top 2016年10月2日閲覧。 
  15. ^ 戦力外通告について”. 東京ヤクルトスワローズ公式サイト (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  16. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  17. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv 2016年11月13日閲覧。 [リンク切れ]
  18. ^ “ヤクルトD4・寺田、1軍初ブルペンで超遅球のカーブを披露”. サンスポ. (2015年2月16日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20150216/swa15021614370004-n1.html 2015年2月20日閲覧。 
  19. ^ “【ヤクルト】ドラ4寺田、ブルペン入り73球 19日初先発へ全球種確認”. スポーツ報知. (2015年2月16日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20150216-OHT1T50113.html 2015年2月20日閲覧。 
  20. ^ “高津コーチ太鼓判!燕D4・寺田は「体が丈夫で物おじしない」”. サンスポ. (2014年10月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20141025/swa14102505010002-n1.html 2015年2月20日閲覧。 
  21. ^ “釣り好きヤクルト山川「城島2世」目指す”. 日刊スポーツ. (2015年1月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20150115-1421654.html 2015年2月20日閲覧。 
  22. ^ “ヤクルト山川 目指せ城島!狙う釣り番組”. デイリースポーツ. (2015年1月15日). http://www.daily.co.jp/baseball/2015/01/15/0007659016.shtml 2015年2月20日閲覧。 
  23. ^ “ヤクルトD4・寺田、同級生のなでしこ鮫島から刺激”. サンスポ. (2015年1月17日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20150117/swa15011705010001-n1.html 2015年2月20日閲覧。 
  24. ^ News”. 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ. 2015年2月20日閲覧。
  25. ^ ニュース | プレスリリース | 香川オリーブガイナーズ 2014年シーズン選手登録・練習生のお知らせ”. 香川オリーブガイナーズ. 2015年2月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]