矢ノ浦国満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
矢ノ浦 国満
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県満州生まれ)
生年月日 (1941-02-23) 1941年2月23日(79歳)
身長
体重
177 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1960年
初出場 1960年4月9日
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

矢ノ浦 国満(やのうら くにみつ、1941年2月23日 - )は、昭和中期(1960年代)のプロ野球選手内野手)。福岡県出身(満州生まれ)。右投げ右打ち。

経歴[編集]

東筑高では、同期のエース村上俊義ブリヂストンタイヤ阪神阪急)を擁し、遊撃手、四番打者として1959年夏の甲子園県予選決勝まで駒を進めるも、戸畑高に敗れ甲子園出場を逸する。

1960年近鉄バファローに入団。当時の近鉄は正遊撃手だった鈴木武千葉茂監督との不和もあって出場機会を減らされ、結局はシーズン途中で大洋に移籍することになる。この好機に守備を買われ高卒新人ながら開幕戦で先発出場を果たし、2安打1打点を記録した。これは2013年大谷翔平日本ハム)が再び記録するまでは唯一の快挙であった[1]。以後は遊撃手のレギュラーとして定着し、俊足好打のリードオフマンとして活躍する。1964年には打率.286とベストテン9位に喰い込む好記録を残す。特に守備においては近鉄史上に残る遊撃手だった。

しかし、1965年に打撃不振に陥り、若手の安井俊憲らが台頭。翌1966年豊田泰光の故障で遊撃手の補強が必要となったサンケイアトムズに移籍。レギュラーの座は確保したが2年連続で打撃成績がリーグ最下位と低迷。1968年には読売ジャイアンツに移籍、二塁手として起用されるが出場試合数は7試合に留まり、同年シーズン終了後退団。

1969年、新規に発足した国際的野球リーグ「グローバルリーグ」に森徹(元中日)らと共に参加し、話題を呼んだ。同リーグが財政問題で破綻した後、メジャーリーグの新設球団であるサンディエゴ・パドレスのスカウトを受けるが、保証人の問題や条件面で折り合わず入団はならなかった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1960 近鉄 110 414 387 33 99 13 7 3 135 30 4 5 7 0 20 8 0 51 8 .256 .292 .349 .641
1961 128 550 525 48 119 16 6 9 174 38 4 7 7 3 13 1 2 95 4 .227 .248 .331 .580
1962 114 479 451 70 123 25 5 10 188 35 13 8 5 3 17 0 3 89 3 .273 .304 .417 .720
1963 123 477 429 59 117 21 3 6 162 34 16 15 5 2 36 2 5 75 5 .273 .336 .378 .714
1964 115 499 461 47 132 24 7 8 194 36 7 10 8 5 24 0 1 63 9 .286 .323 .421 .744
1965 79 309 288 32 61 14 1 7 98 23 2 6 5 1 13 0 2 53 10 .212 .251 .340 .591
1966 サンケイ 117 442 408 39 92 12 3 10 140 37 4 6 11 5 16 2 2 74 8 .225 .258 .343 .601
1967 120 490 445 49 102 14 4 4 136 31 5 7 12 1 28 0 4 58 9 .229 .281 .306 .587
1968 巨人 7 5 5 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .200 .200 .200 .400
通算:9年 913 3665 3399 379 846 139 36 57 1228 264 55 64 60 20 167 13 19 561 56 .249 .288 .361 .649
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 9(1960年 - 1962年)
  • 1(1963年 - 1965年)
  • 5(1966年 - 1967年)
  • 22(1968年)

脚注[編集]

  1. ^ 高卒新人野手の先発 週刊ベースボールオンライン『週刊記録室』

関連項目[編集]