篠田勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
篠田 勇
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県水戸市
生年月日 (1940-07-04) 1940年7月4日(78歳)
身長
体重
167 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 1964年
初出場 1964年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

篠田 勇(しのだ いさむ、1940年7月4日 - )は、茨城県水戸市出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

水戸商では、1958年夏の甲子園遊撃手として出場。3回戦で石川陽造岡村浩二のバッテリーを擁する高松商に延長16回0-1xでサヨナラ負け[1]。卒業後は立教大学に進学。東京六大学野球リーグでは優勝に届かなかったが、1961年春季リーグ、1963年秋季リーグで打撃成績2位を記録、両季とも三塁手としてベストナインに選ばれている。

1964年国鉄スワローズに入団、同年のジュニアオールスターにも出場する。1965年には水戸商の先輩でもある豊田泰光が故障で戦線離脱したため、主に遊撃手として85試合に出場(うち43試合に先発)。しかし翌年は矢ノ浦国満が移籍してきたこともあり、出場機会が減る。打撃面の弱さもあって1968年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1964 国鉄
サンケイ
アトムズ
ヤクルト
61 51 49 6 6 1 0 0 7 1 1 0 0 1 1 0 0 11 3 .122 .137 .143 .280
1965 85 142 124 7 24 4 0 1 31 7 0 4 3 1 12 0 2 19 2 .194 .273 .250 .523
1966 44 83 75 6 16 6 0 0 22 4 1 0 2 1 4 1 1 9 1 .213 .259 .293 .553
1967 16 34 31 1 7 0 0 0 7 0 0 2 2 0 1 0 0 2 0 .226 .250 .226 .406
1968 80 81 74 6 12 1 0 1 16 2 0 2 2 0 3 0 2 14 3 .162 .215 .216 .431
通算:5年 286 391 353 26 65 12 0 2 83 14 2 8 9 3 21 1 5 55 9 .184 .238 .235 .473
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に、1966年にアトムズに球団名を変更

背番号[編集]

  • 6 (1964年 - 1967年)
  • 35 (1968年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]