丸山完二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丸山 完二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西脇市
生年月日 (1940-01-05) 1940年1月5日(79歳)
身長
体重
176 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトアトムズ
    ヤクルトスワローズ (1972 - 1994)

丸山 完二(まるやま かんじ、1940年1月5日 - )は、兵庫県西脇市出身の元プロ野球選手内野手外野手)・コーチ

ファッションデザイナー丸山敬太は実子。

経歴[編集]

西脇高校から立教大学に進学。東京六大学野球リーグでは1、2年生時に3回の優勝を経験。3年生時の1960年秋季リーグでは打率.365で首位打者となり、一塁手としてベストナインにも選ばれた。リーグ通算64試合出場、237打数68安打、打率.287、0本塁打、25打点。大学同期に青野修三寺本勇がいる。

1962年国鉄スワローズに入団。1年目から外野手、一番打者としてレギュラーポジションを獲得、規定打席(28位、打率.210)にも達する。新人王候補にも挙がったが城之内邦雄にタイトルを奪われた。この年、当時国鉄のエースで強打者でもあった金田正一は打席に立って4度敬遠されているが、次打者となったのはいずれも丸山だった。結果は3打数3安打1四球で、4度目の9月24日の対広島戦は11回裏1死二塁の場面で広島は金田を敬遠[1]したが、丸山は大石清からサヨナラ二塁打を放っている[2][3]1964年には5月に故障、長期欠場を余儀なくされるが、7月には復帰した。その後もレギュラーとして活躍を続けるが、若手の台頭で出番が減ったこともあり、1968年に学生時代に経験のある三塁手にコンバートされる。危惧された守備も堅実にこなし、城戸則文の後継として定位置を獲得、数少ない外野から内野へのコンバート成功例となった。1970年には外野手に復帰するが、1971年限りで引退。

その後もヤクルトに残留し、二軍守備・走塁コーチ(1972年 - 1975年)、一軍外野守備・走塁コーチ(1976年 - 1979年)、一軍守備コーチ(1980年 - 1982年)、一軍守備・走塁コーチ(1983年, 1987年 - 1990年)、二軍総合コーチ(1984年 - 1985年)、一軍作戦コーチ(1986年)、ヘッドコーチ(1991年 - 1994年)を歴任。1978年セ・リーグ及び日本シリーズ初優勝時もコーチとして広岡達朗監督を支えた。当時は三塁コーチを担当し、日本シリーズ第7戦、上田監督が1時間19分に渡り、猛抗議をした大杉の放ったホームランでは三塁を回る大杉とハイタッチする写真が幾つかの雑誌に掲載されている。1995年からはフロント入り。2002年に編成部長、2003年に球団調査役となる。2005年一杯で44年間所属したスワローズを定年により退職。プロ入り後、スワローズ・アトムズから一度も球団を離れることなくで活躍した丸山は、この年スワローズOB会2代目会長に就任した(初代会長は田口周)。また、ヤクルト球団及びOB会によって組織されたNPO法人「つばめスポーツ振興協会」の理事長にも就任した。NPB12球団ジュニアトーナメントではヤクルトジュニアの監督を務めており、第1回大会(2005年)では優勝した。現在は少年野球チーム「東京神宮シニア」監督。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 国鉄
サンケイ
アトムズ
ヤクルト
126 508 466 33 98 18 2 1 123 23 11 10 5 1 34 0 2 73 8 .210 .266 .264 .530
1963 124 455 415 48 102 22 3 3 139 32 15 8 14 2 22 0 2 37 7 .246 .286 .335 .621
1964 84 259 245 29 68 14 1 1 87 9 4 8 5 0 9 0 0 35 8 .278 .303 .355 .658
1965 122 409 372 28 91 12 4 2 117 16 4 9 9 2 24 0 2 33 10 .245 .293 .315 .607
1966 124 508 461 47 105 12 3 4 135 19 6 11 8 0 31 0 8 54 9 .228 .288 .293 .581
1967 105 295 261 34 64 11 2 4 91 26 5 5 2 4 28 0 0 38 3 .245 .314 .349 .663
1968 123 463 406 51 101 16 3 6 141 30 10 5 10 1 38 1 8 61 7 .249 .325 .347 .672
1969 113 337 299 30 61 10 0 9 98 18 6 4 7 2 28 0 1 36 7 .204 .273 .328 .600
1970 89 198 179 18 40 9 0 4 61 14 0 4 5 0 12 0 2 30 7 .223 .280 .341 .621
1971 22 31 30 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 1 0 5 0 .100 .129 .100 .229
通算:10年 1032 3463 3134 318 733 124 18 34 995 187 61 64 65 12 227 2 25 402 66 .234 .290 .317 .607
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に、1969年にアトムズに、1970年にヤクルト(ヤクルトアトムズ)に球団名を変更

記録[編集]

  • 通算1000試合出場:1970年10月8日(148人目)

背番号[編集]

  • 29 (1962年 - 1963年)
  • 8 (1964年 - 1971年)
  • 69 (1972年 - 1985年)
  • 80 (1986年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. ^ 延長では3度目、サヨナラの場面ではこの年7月7日に続く2度目
  2. ^ 金田敬遠、丸山勝負は1963年の中日戦の9回サヨナラの場面もあるが、この時は三塁ゴロに倒れている
  3. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」615ページ

関連項目[編集]