岩下正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩下 正明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県南九州市頴娃町
生年月日 (1955-01-14) 1955年1月14日(63歳)
身長
体重
172 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1979年 ドラフト4位
初出場 1980年4月6日
最終出場 1988年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岩下 正明(いわした まさあき、1955年1月14日[1]- )は、ヤクルトスワローズ横浜大洋ホエールズに所属した元プロ野球選手外野手[2] 。左投げ左打ち。現役時代は代打の切り札として活躍した[1]

来歴・人物[編集]

鹿児島商工高等学校(現樟南高等学校)では1972年夏の甲子園県予選決勝に進むが、エース堂園喜義を擁する鹿児島商に延長17回敗退、甲子園出場を逸する。卒業後は三菱重工横浜に入社[2]1978年都市対抗東芝の補強選手として出場し、決勝では日本鋼管木田勇からチームの初優勝を決める適時打を放つ。

1979年のドラフト4位指名でヤクルトに入団[1]。1年目の1980年から一軍に上がり、外野手として75試合に出場。レギュラーには届かなかったが、1984年には杉浦享小川淳司らと併用され48試合に先発出場、三番打者としても15試合に起用される。翌1985年には主に一番打者として67試合に先発、同年は.316の好打率を残した。

しかし翌年はマーク・ブロハードの入団、栗山英樹の台頭もあって出場機会が減り、1988年には平田薫との交換トレードで大洋に移籍[2]。同年限りで引退[2]した。

守備に難があり、幼少時代の事故もあり肩も弱かったが[2]、勝負強い代打の切り札的存在で1982年には4月6日の対広島戦で代打サヨナラ満塁本塁打を放つなど[2]、1シーズン3度の代打サヨナラ打を記録した。

現在は、神奈川県横浜市青葉区で「ステーキハウス・岩下正明」を営んでいる[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1980 ヤクルト 75 122 108 15 32 7 2 2 49 18 2 2 0 0 10 1 4 19 0 .296 .377 .454 .831
1981 67 91 81 6 18 1 0 1 22 8 2 0 1 0 3 0 6 10 2 .222 .300 .272 .572
1982 92 192 161 18 40 2 1 3 53 17 2 1 3 0 18 3 10 24 2 .248 .360 .329 .689
1983 82 108 90 9 22 1 0 0 23 6 6 0 0 0 14 1 4 14 0 .244 .370 .256 .626
1984 106 226 194 28 46 9 3 3 70 24 4 1 6 3 16 0 7 26 0 .237 .314 .361 .674
1985 112 292 269 37 85 12 0 5 112 34 5 1 3 1 17 1 2 30 3 .316 .360 .416 .776
1986 73 103 96 8 19 3 1 0 24 6 1 1 0 0 7 1 0 16 2 .198 .252 .250 .502
1988 大洋 16 15 14 1 2 0 0 0 2 2 0 0 0 0 1 0 0 7 0 .143 .200 .143 .343
通算:8年 623 1149 1013 122 264 35 7 14 355 115 22 6 13 4 86 7 33 146 9 .261 .337 .350 .688
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 37 (1980年 - 1987年)
  • 41 (1988年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『'86プロ野球選手写真名鑑』、日刊スポーツ出版社、1986年4月、P57。
  2. ^ a b c d e f g 代打の“切り札”妻の誕生日は出塁率10割!”. zakzak (2011年9月21日). 2012年3月24日閲覧。

関連項目[編集]