山本斉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山本 斉
東京ヤクルトスワローズ #63
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市東住吉区
生年月日 1989年7月10日(24歳)
身長
体重
179 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト3巡目
初出場 2009年10月11日
年俸 570万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山本 斉(やまもと ひとし、1989年7月10日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

アマチュア時代[編集]

1996年大阪市立矢田西小学校1年生の時に野球を始めた[1][2]1999年には小学校4年生ながら、6年生に混じってボーイズリーグの名門「ジュニアホークス」でプレー[3]2004年大阪市立矢田西中学校3年生の時にジュニアホークスのエースとして全国大会でベスト4に入った[1][3]。中学校3年間はサッカー部に所属しており、高校進学にあたってはどちらを続けるか迷っていた[2]

PL学園中京高等学校などの強豪からも誘いを受けたが、親元を離れた環境で精神的にも成長したいと考え[3]2005年酒田南高等学校に越境入学した。この野球留学の直前、クラスメイト全員から言葉を送られ、感動したという[4]。1年の夏から早くも頭角を現す[3]。当時から140km/hを超す速球で活躍。山形県大会決勝では、8回2失点の好投で第87回全国高等学校野球選手権大会出場を果たした[5]。当時は金本明博(元中日)の控えであったが、3回戦の対宇部商戦で登板し、3回2/3で3失点を記録している。この年の秋から腰椎分離症で苦しんでいたが、2006年には治療が功を奏して完治し、復帰した[5]。秋には145km/hを投げ込むまでに成長し、注目を集めるようになる。

2007年、3年夏の山形県大会では、準決勝の対日大山形戦において0-1で惜しくも敗れたものの、延長12回149球で、4安打14奪三振の快投を見せた[5]。当初は高校一杯で野球をやめるつもりだったが、監督の西原忠善から「プロに行け」という助言を受け、プロ志望届を提出する[5]

10月3日の高校生ドラフトで、ヤクルトから3巡目で指名を受けた。他に中日ドラゴンズ阪神タイガース横浜ベイスターズ読売ジャイアンツ福岡ソフトバンクホークス千葉ロッテマリーンズの6球団からも調査書が届いていた[5]。ヤクルト編成部は、抽選が見込まれた佐藤由規を外した場合、1巡目で山本を指名する事をコメントしていた。そのためドラフト直後には「ダブル1位(指名級)」と興奮した談話を出している。

11月6日に推定契約金5000万円年俸600万円で仮契約を済ませ[6]12月6日に入団が発表された。入団会見で、チームの印象について「ヤクルトが飲み放題と聞いています。乳酸菌をたくさんとって頑張りたい」と発言し笑いを誘っている。

実兄は中京高等学校野球部に所属していた捕手である[3]。後にプロ入りする榊原諒中川裕貴城所龍磨らと共に活躍し2002年明治神宮野球大会で全国制覇を成し遂げている。

プロ入り後[編集]

2008年

入寮の際にぬいぐるみを持ち込んで注目を集めた[7]。春季キャンプ・開幕は二軍スタート。右肩痛で出遅れ[8]、6月に予定していた初登板はならなかったが、7月12日読売戦の中継ぎでイースタン・リーグ初登板[2]8月16日にはイースタン・リーグ初先発を果たした。8月23日の2回目の先発登板の際は、一軍監督の高田繁も視察に訪れ、その試合で143km/hを記録した直球に関し、「まっすぐに力がある」、「経験を積めば楽しみ」と評価を受けた[8]。際立った結果を残すことは出来なかったが、ファームで7試合に登板し、フェニックス・リーグでも先発を任された。秋には一軍メンバーに選ばれ、松山の秋季キャンプに参加している。

2009年

前年に続き、春季キャンプは二軍スタートとなったが、課題の変化球の制球力が増したことで練習試合で好投[9]2月13日に一軍に合流した。オープン戦にも登板し、2試合で3回を無失点に抑えている。開幕は再び二軍で迎えたが、イースタン・リーグでは先発を任され防御率3点台の好投を続ける。7月31日橋本義隆の肘痛による登録抹消を受け、初の一軍登録を受けたが[10]、登板機会のないまま8月5日に登録を抹消された[11]10月11日に再び一軍に登録され、対中日ドラゴンズ最終戦でプロ入り初登板初先発し、6回を被安打5(被本塁打1)、奪三振3、与四球2の3失点(勝敗無し)という結果を残した。

2010年

春季キャンプは自身初の一軍スタートとなった[12]。紅白戦でも好投し、手薄な先発候補として評価が高まっていたものの、右肘の張りで登板予定だった2月23日の試合を回避し、ファームに合流。リハビリに時間を費やすこととなった。6月13日にファームで実戦登板したものの、調子が上がらず一軍登録は8月29日にずれこんだ。当日の対阪神タイガース戦で先発登板を行なったが、2回4失点と結果を残すことができずに再び二軍に降格となった。二軍でも10試合の登板で1勝2敗の結果に終わっている。

2011年

4月22日の対広島東洋カープ戦で先発登板し、7回を被安打2、失点0という内容で勝利投手となり、プロ入り4年目にして初勝利をマークした。

2012年

5月14日に、群馬県館林市の病院で、右肘内側側副靱帯の再建手術を行った[13]

プレイスタイル[編集]

自己最速148km/h[14]、常時140km/h前後の速球と、切れの良いスライダーを持つ本格派投手である。球種は他にカーブカットボールなども投じる。頻度は少ないがシュートチェンジアップフォークも投げられる。クセのない綺麗なフォームをしている。目指すタイプは斉藤和巳である[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 ヤクルト 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 6.0 5 1 2 0 0 3 0 0 3 3 4.50 1.17
2010 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 12 2.0 7 2 0 0 0 1 0 0 4 4 18.00 3.50
2011 12 12 0 0 0 1 6 0 0 .143 253 55.0 59 5 30 1 5 36 3 0 28 26 4.25 1.62
通算:3年 14 14 0 0 0 1 7 0 0 .125 290 63.0 71 8 32 1 5 40 3 0 35 33 4.71 1.63
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打・初打点:2011年7月2日、対広島東洋カープ7回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、3回表に篠田純平から中前先制適時打

背番号[編集]

  • 63 (2008年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b スポニチ2007年高校生ドラフト指名者”. 2009年8月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 「Hope's Interview 成長著しい未来の先発候補 山本 斉」『週刊ベースボール』第64巻第6号(ベースボールマガジン社、2009年2月21日)。
  3. ^ a b c d e asahi.com、2006年6月14日〈山形を見つめる8〉野球留学 弱点克服へ親元離れ”. 2009年8月1日閲覧。
  4. ^ 東京ヤクルトスワローズ公式サイト新人選手の素顔~山本投手~”. 2010年1月24日閲覧。
  5. ^ a b c d e ニッカンスポーツ東北、2007年9月29日12時36分坂田南の山本斉、決意一転プロに挑戦”. 2008年8月24日閲覧。
  6. ^ 読売オンライン、2007年11月7日ヤクルト、山本斉投手と仮契約”. 2009年8月6日閲覧。
  7. ^ スポニチ、2008年1月8日山本「キティちゃん」いないと眠れない”. 2008年8月24日閲覧。
  8. ^ a b サンスポ、2008年8月24日05:06由規だけじゃない!ヤクルトのルーキー山本”. 2008年8月24日閲覧。
  9. ^ 球団公式ウェブサイト2009年2月21日春季キャンプ特集◆伸び盛りのホープ! 2年目・山本投手が赤丸急上昇!!”. 2009年8月1日閲覧。
  10. ^ 球団公式ウェブサイト2009年7月31日2年目の山本投手、プロ初の一軍登録!”. 2009年8月1日閲覧。
  11. ^ 球団公式ウェブサイト2009年8月5日一場投手、今季3度目の一軍復帰!”. 2009年8月6日閲覧。
  12. ^ 東京ヤクルトスワローズ公式サイト2010年春季キャンプ参加メンバー”. 2010年1月24日閲覧。
  13. ^ SANSPO.COMヤクルト・山本斉、再建手術で全治1年”. 2012年5月15日閲覧。
  14. ^ ニッカンスポーツ、河野祥一郎「今週のイチ押し!」2009年2月23日09年の若手注目選手を紹介します!”. 2009年8月1日閲覧。

関連項目[編集]