浜口政信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜口 政信
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県
生年月日 (1947-07-07) 1947年7月7日(72歳)
身長
体重
174 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年 ドラフト4位
初出場 1966年
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

浜口 政信(はまぐち まさのぶ、1947年7月7日 - )は、大分県出身の元プロ野球選手。守備位置は投手

来歴・人物[編集]

大分県立別府鶴見丘高校では、主戦投手として1964年秋季九州大会県予選準決勝に進むが、大分県立佐伯鶴城高等学校山中正竹に完封負け。翌1965年夏の甲子園県予選では中津南高から22奪三振を記録するが、準々決勝で衛藤雅登のいた別府大学付属高等学校に敗退。八代一高豊永隆盛高鍋高牧憲二郎とともに、九州の三羽烏として注目された。高校の1年下に大場隆広

1965年ドラフト会議サンケイスワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)に4位指名で入団。1年目の1966年から一軍に上がり、翌1967年には中継ぎとして10試合に起用される。5月6日には中日ドラゴンズを相手に8回から登板、1イニングを無得点に抑え9回に味方が逆転、プロ初勝利を挙げた。しかしその後は活躍の機会がなく、同年限りで引退した。

オーバースローからのドロップスライダーを武器にした。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1966 サンケイ 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 8 2.0 3 0 0 0 0 1 0 0 1 1 4.50 1.50
1967 10 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 83 18.2 25 3 4 0 1 13 0 0 11 11 5.21 1.55
通算:2年 11 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 91 20.2 28 3 4 0 1 14 0 0 12 12 5.14 1.55

背番号[編集]

  • 46 (1966年 - 1967年)

関連項目[編集]