レックス・ハドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レックス・ハドラー
Rex Hudler
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州マリコパ郡テンピ
生年月日 (1960-09-02) 1960年9月2日(59歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手外野手
プロ入り 1978年 MLBドラフト1巡目(全体8位)でニューヨーク・ヤンキースから指名
初出場 MLB / 1984年9月9日
NPB / 1993年4月10日
最終出場 MLB / 1998年6月23日
NPB / 1993年11月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

レックス・アレン・ハドラーRex Allen Hudler , 1960年9月2日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州マリコパ郡テンピ出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

来歴[編集]

1978年MLBドラフト1巡目(全体18位)でニューヨーク・ヤンキースから指名され、プロ入り。1984年9月9日メジャーデビュー。以後、1986年ボルチモア・オリオールズ1988年モントリオール・エクスポズ1990年シーズン途中にセントルイス・カージナルスと渡り歩く。

1993年ヤクルトスワローズに入団。前年のスワローズは、二塁を守っていたジョニー・レイが途中退団し、シーズン途中に獲得したジョニー・パリデスも、助っ人としては満足な成績とは言えず、この空いた二塁手の穴を埋めるべく獲得された。本来「守備の人」の期待を背負っていたが、シーズン開幕とともにエラーを連発し、守備の評価はがた落ち。一方でバッティングでは結果を残し、ほぼ8番打者ながら打率.300を達成。シーズン2回のサヨナラ打、得点圏打率はリーグトップという勝負強さを見せ、同年の優勝・日本一に大きく貢献した。明るい性格で、ムードメーカーでもあった。

当初は1994年も引き続き残留の予定であった(1993年オフに出版されたヤクルトの優勝記念本にも登場し、「来季は2番でプレーしたい」と発言している)。しかし野村克也監督が、当時巨人を解雇されたジェシー・バーフィールド獲得を表明(実現せず)。もともと野村は、守備に不安要素を持ち小技も効かないハドラーを高く買っておらず、外野守備が得意なバーフィールドに興味を示した。当時、同時出場可能な外国人野手は2名(1993年まで一軍登録2名、1994年から一軍登録3名・同時出場2名)までとなっており、残留しても出場の可能性が低くなることを嫌ったハドラーは、一転してサンフランシスコ・ジャイアンツと契約し退団。ヤクルトでの在籍はわずか1年であった。スプリング・トレーニング中にジャイアンツを解雇されたが、カリフォルニア・エンゼルスと契約。その後、エンゼルス、フィラデルフィア・フィリーズ1998年まで現役を続けた。

引退後はエンゼルスの球団専属解説者を経て、現在は2012年よりカンザスシティ・ロイヤルズの球団専属解説者として活動している。日本のMLB中継に登場したこともある。2003年にはマリファナ所持によりカンザスシティ国際空港で逮捕されたが、すぐに釈放された。

人物[編集]

1989年にヤクルトでプレーしたラリー・パリッシュと同様、「ゲテモノ食い」が有名。オープン戦明治神宮野球場でミミズを見つけたハドラーは、チームメイトを集め、「もし俺がこれを食べたらいくらくれる?」と話を持ちかけ、「食えないだろう」とチームメイトが敬遠する中、生きたミミズをそのまま踊り食い。たちまちスポーツ紙で「ミミズ男」のあだ名をつけられる。その後もアリ、セミなど奇食は続き、スポーツ紙の格好のターゲットとなっていた。

夫人は歌手でメジャーリーグの試合前の国歌斉唱を何度も務めていた。来日前はハドラー本人よりも夫人の方がスタジアムに出る機会が多いと揶揄されていたこともある。

来日前は盗塁時のセカンドベースカバーの選手を吹っ飛ばすほど激しいスライディングで、地元アナウンサーに「ハリケーン」と呼ばれていたが、日本で盗塁を決めたのはたった1回、9月の対阪神タイガース戦だけだった(盗塁死は4つある)。

エンゼルス時代に決定的なエラーを犯してしまい、先発投手のマーク・ラングストンと殴り合いの喧嘩シーンがテレビ画面に映し出されたことがあった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 NYY 9 9 7 2 1 2 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 1 5 0 .143 .333 .286 .619
1985 20 57 51 4 8 0 1 0 10 1 0 1 5 0 1 0 0 9 0 .157 .173 .196 .369
1986 BAL 14 1 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1988 MON 77 229 216 38 59 14 2 4 89 14 29 7 1 2 10 6 0 34 2 .273 .303 .412 .715
1989 92 162 155 21 38 7 0 6 63 13 15 4 0 0 6 2 1 23 2 .245 .278 .406 .684
1990 4 3 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
STL 89 234 217 30 61 11 2 7 97 22 18 10 2 1 12 1 2 31 3 .281 .323 .447 .770
'90計 93 237 220 31 61 11 2 7 97 22 18 10 2 1 12 1 2 32 3 .282 .323 .445 .769
1991 101 221 207 21 47 10 2 1 64 15 12 8 2 2 10 1 0 29 1 .227 .260 .309 .569
1992 61 103 98 17 24 4 0 3 37 5 2 6 1 1 2 0 1 23 0 .245 .265 .378 .642
1993 ヤクルト 120 454 410 48 123 26 3 14 197 64 1 4 1 4 32 7 7 77 13 .300 .358 .480 .838
1994 CAL 56 136 124 17 37 8 0 8 69 20 2 2 4 2 6 0 0 28 7 .298 .326 .556 .882
1995 84 241 223 30 59 16 0 6 93 27 13 0 2 1 10 1 5 48 2 .265 .310 .417 .727
1996 92 317 302 60 94 20 3 16 168 40 14 5 2 1 9 0 3 54 7 .311 .337 .556 .893
1997 PHI 50 130 122 17 27 4 0 5 46 10 1 0 1 0 6 1 1 28 2 .221 .264 .377 .641
1998 25 45 41 2 5 1 0 0 6 2 0 0 0 0 4 0 0 12 1 .122 .200 .146 .346
MLB:13年 774 1888 1767 261 461 96 10 56 745 169 107 43 20 10 77 12 14 325 27 .261 .296 .422 .717
NPB:1年 120 454 410 48 123 26 3 14 197 64 1 4 1 4 32 7 7 77 13 .300 .358 .480 .838

記録[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 56(1984年 - 1985年)
  • 1(1986年)
  • 25(1988年 - 1990年途中)
  • 10(1990年途中 - 1992年、1994年 - 1996年)
  • 49(1993年)
  • 14(1997年 - 1998年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]