野林大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野林 大樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都世田谷区
生年月日 (1969-09-09) 1969年9月9日(47歳)
身長
体重
181 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1987年 ドラフト2位
初出場 1989年4月9日
最終出場 1997年8月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

野林 大樹(のばやし ひろき、1969年9月9日 - )は、東京都世田谷区出身の元プロ野球選手内野手)、野球指導者。現在は駿河台大学硬式野球部で監督を務める。

登録名(※いずれも読み方は本名と同じ)を野林 広起(広島時代)・野林 大氣(第二期近鉄・ヤクルト時代)としていた時期もある。

来歴・人物[編集]

目黒西リトルリーグを経て日大三高へ進学。甲子園出場こそかなわなかったが、打撃力のある大型内野手として「当時の東京都高校球界ではひとかど知れ渡った存在(広島時代の同僚でもあった1学年下の江藤智の談話より)」と注目される。1987年ドラフト2位で近鉄バファローズに入団。2年目には一軍キャンプに帯同するなど将来を嘱望されていた矢先、不運な怪我が相次ぎ、思うような活躍ができなかった。

1991年5月に清川栄治との交換トレード(清川⇔野林+金銭)で広島東洋カープへ移籍するが、1993年6月に金銭トレードで近鉄に復帰。1997年に自由契約となり、テスト入団でヤクルトスワローズへ移籍。翌1998年に現役を引退。

引退後はソニー生命保険の営業担当他、野球とは距離をおいた業種への転職を経て飲食店のプロデュース・運営業につき、2000年に江東区東陽町内に現在の店舗を開業。

また店舗運営等の傍らアマチュア野球指導にも参画(2005年9月28日付で自由契約選手公示)、インドネシア等での指導のほか、淑徳大学国際コミュニケーション学部(現・埼玉キャンパス)野球部コーチの後、2010年よりコーチとして成蹊大学硬式野球部に加入、2012年春季リーグ終了後同部監督に就任[1]した。在任中は東都三部で2位が最高で、優勝にはあと一歩届かなかった。2013年秋季リーグ終了後に退任。

2015年より駿河台大学硬式野球部の監督を務める。2015年春季リーグにて同校初の1部昇格を果たす。

私生活では一般人女性と結婚(1991年野林が広島移籍直後公表)したものの、2008年1月に離婚。両者の間には子供が5人いたが、うち2人は前妻の連れ子であった。前妻は近鉄時代の先輩・村上隆行の妻(元歌手、芸名中田ゆうこ)の実姉であった。「2001年頃より野林が所用で家をあけたきり帰宅どころか音信も交わさなくなってしまった(前妻の談話より)」となるなど後年は不仲・別居状態となり2008年の正式離婚に至った[2]。男児のひとりは中田廉で、2008年のドラフト広島東洋カープよりドラフト2位指名を受け入団。親子で広島に在籍するのは永田徹登永田利則以来2組目となる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 近鉄 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1991 広島 21 38 37 3 5 1 1 0 8 2 0 0 0 0 1 0 0 12 3 .135 .158 .216 .374
1995 近鉄 19 22 20 0 3 1 0 0 4 1 0 0 1 0 1 0 0 6 0 .150 .190 .200 .390
1997 ヤクルト 17 17 13 3 2 1 0 0 3 1 0 0 1 0 3 0 0 5 1 .154 .313 .231 .543
通算:4年 59 78 71 6 10 3 1 0 15 4 0 0 2 0 5 0 0 24 4 .141 .197 .211 .409

記録[編集]

背番号[編集]

  • 47 (1988年 - 1991年途中)
  • 49 (1991年途中 - 1993年途中)
  • 36 (1993年途中 - 1996年)
  • 62 (1997年 - 1998年)

登録名[編集]

  • 野林 大樹 (のばやし ひろき、1988年 - 1991年)
  • 野林 広起 (のばやし ひろき、1992年 - 1993年)
  • 野林 大氣 (のばやし ひろき、1994年 - 1998年)

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 日刊ゲンダイ 2008年12月2日発行記事

外部リンク[編集]

関連項目[編集]