赤池彰敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤池 彰敏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県
生年月日 (1938-05-01) 1938年5月1日(80歳)
身長
体重
177 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1958年
初出場 1958年
最終出場 1959年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

赤池 彰敏(あかいけ あきとし、1938年5月1日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手

経歴[編集]

静岡高校では1956年、3年生の時に一塁手として夏の甲子園に出場[1]。1回戦で伊那北高に敗退。高校の1年上に大学でも先輩となる種茂雅之がいた。

卒業後は立教大学に進学。1年生からレギュラーとなり、東京六大学リーグでは杉浦忠長嶋茂雄らとともに1957年の春秋季連続優勝に貢献。秋季リーグではベストナイン(一塁手)に選出される。大学同期に杉本公孝がいた。

その後大学を中退し、1958年国鉄スワローズへ入団[1]。大学時代の実績から期待されたが伸び悩み、1959年限りで退団した。

退団後は静甲いすゞ、大昭和製紙に移り社会人野球で活躍した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1958 国鉄 5 3 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .500 .667 .500 1.167
1959 10 3 3 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年 15 6 5 2 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1 0 0 4 0 .200 .333 .200 .533

背番号[編集]

  • 41 (1958年 - 1959年)

脚注[編集]

  1. ^ a b プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、6ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]