杉本公孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杉本 公孝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県岩国市
生年月日 (1938-07-04) 1938年7月4日(81歳)
身長
体重
176 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手 遊撃手
プロ入り 1961年
初出場 1961年
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

杉本 公孝(すぎもと きみたか、1938年7月4日 - )は、山口県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

来歴・人物[編集]

岩国高校ではエース金沢宏(早大大昭和製紙)を擁し、1955年秋季中国大会県予選準決勝に進むが山口高に敗退。翌1956年春季山口大会は決勝に進出し、柳井高を降して優勝を飾る。しかし同年夏の甲子園には県予選で敗れ出場できなかった。

卒業後は立教大学へ進学。東京六大学野球リーグでは長嶋茂雄の後継三塁手として立大黄金期後半を支え、在学中5回優勝、全日本大学野球選手権大会2回優勝。1959年春季リーグではリーグ史上初の5連覇が期待されたが、高校同期の金沢を主戦投手とする早大に競り負け2位に終わる。リーグ通算79試合出場、283打数72安打、打率.254、3本塁打。1958年春季リーグでベストナイン(三塁手)に選出された。大学の1年上には森滝義巳種茂雅之高林恒夫らがおり、同期には赤池彰敏(中退)がいた。

1961年国鉄スワローズへ入団。この年就任した砂押邦信監督によって、開幕から二番打者、遊撃手に抜擢され、早大から新入団の徳武定之と三遊間を組む。1963年豊田泰光の移籍によって定位置を奪われ、15試合の出場に留まったが、1964年には土屋正孝に代り二塁手のレギュラーとして復活。同年は初めて規定打席に達した(28位、打率.223)。しかし翌年には岡嶋博治が移籍入団。出場機会が減少し1966年大洋ホエールズへ移籍した。ここでは活躍の場に恵まれず1967年限りで引退

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1961 国鉄
サンケイ
89 381 329 32 79 19 2 4 114 20 7 5 13 1 36 0 2 69 7 .240 .319 .347 .665
1962 110 357 313 24 58 12 2 3 83 12 5 3 11 2 26 3 5 67 4 .185 .259 .265 .524
1963 15 24 22 0 1 1 0 0 2 1 0 1 0 0 2 0 0 7 2 .045 .125 .091 .216
1964 127 458 417 38 93 9 1 10 134 36 5 2 7 1 32 0 1 56 6 .223 .280 .321 .601
1965 81 249 236 20 56 6 2 3 75 15 3 2 3 0 10 1 0 44 5 .237 .268 .318 .586
1966 大洋 35 46 41 2 7 0 0 1 10 1 1 0 3 0 2 0 0 11 0 .171 .209 .244 .453
1967 50 54 50 2 11 3 1 1 19 7 0 0 0 1 3 0 0 13 1 .220 .264 .380 .644
通算:7年 507 1569 1408 118 305 50 8 22 437 92 21 13 37 5 111 4 8 267 25 .217 .278 .310 .588
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 1 (1961年 - 1965年)
  • 2 (1966年 - 1967年)

関連項目[編集]